【エロ体験談】セフレに誘われ乱交パーティーへ

※イメージ画像:Getty Imagesより

 

 2017年2月に募集をはじめ、今や当メンズサイゾー屈指の人気コーナーに成長した【エロ体験談】。皆様の生々しい性体験はAV業界からも注目を集め、ついには大手AVメーカーのKMPさんが映像化に名乗りを上げてくれました。

 そしてついに『KMPVR-彩-』より、エロ体験談の実写化第一弾がリリース決定! 初のVR化作品は今年5月投稿の「あたか」さんによる『謎のお見舞い美女と生エッチ』で、VR作品のタイトルは、『【VR】サイゾー×KMPVR彩特別企画!投稿された本当にあった【エロ体験談】をついに完全VR化!『謎のお見舞い美女と生エッチ』 投稿者:あたか(30歳/男性) 志田雪奈』です!!

 今作はすでに発売されたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。では、本日の体験談をどうぞ!

※自分の体験した思い出を映像化したいという方は、ドシドシご応募ください! 詳しくはコチラまで。


『セフレに誘われ乱交パーティーへ

投稿者:カラタチ(38歳/男性)

 以前、セフレの紹介で乱交イベントに行ったときのこと。セフレがイベントの会員だったので同伴参加できたのだ。

 場所は駅から数分歩いた高層マンション。「なぜこんな場所が用意できるのだろう」と終始きょろきょろしていた俺に対し、セフレはずんずんと慣れた様子で中へ入っていく。

 会場は普通の部屋で、広めのリビングと洋間が繋がっていた。もうひとつ別の個室は着替え専用で、服などを置く部屋になっていた。

 参加者は俺を入れて男が5人。年齢層は20代後半くらいから俺と同じくらいの年代という感じ。女の子はセフレを入れて5人。こちらは20代半ばから30代前半というくらいか。派手なランジェリーをつけている子や、真っ白なレースの下着を履いた清純っぽい子もいた。


「この子たちとこれから乱れるのか…」


 そう思うと興奮した。もともとSっ気の強いセフレは、SM嬢をイメージさせる派手なブラとパンティで堂々と立っていた。

 最初は主催が用意したドリンクで乾杯し、徐々に雰囲気があたたまったところでそれぞれ始めていく。

 俺は最初に目にとまった真っ白レースの女の子(清純ちゃんと呼ぶことにする)をマーク。清純ちゃんに「こういう下着が好きなの?」などと聞きつつ、首筋や耳を攻める。彼女は敏感なようで、さっそく色白の細い足をモゾモゾさせはじめた。

 さらに手を胸や割れ目に移動させ、下着の上から撫でる。すると下着が湿り気を帯びてきて、


「ねぇ、直で触って」


 と清純ちゃんがおねだりしてきた。

men's Pick Up