夏本あさみ、あざとさも可愛さもヤバすぎる! 聞き手がマジで惚れちゃった胸キュンインタビュー

『かわいいって知ってます』(ギルド)より

 

――確かに、最新DVDのジャケットはキレイな感じが出ています。

夏本:うれしい! ありがとうございます!

――しかも「あざとさ」もばっちりですね。

夏本:本編でも仕草やセリフとかで見せれるように意識しました。こういったイメージ作品では台本をもらうんですけど、私、1作目からほぼ台本どおりにやったことないんです。

――そうなんですね!

夏本:自分でアレンジを加えちゃうんです。監督さんも「あさみんの好きなようにやっていいよ」と言ってくださるので。そのときの感情というか、そのときに思いついたセリフを言っています。なので、あざといセリフが満載♪

――見た目っていうよりも、セリフであざとさを表現しているんですね。

夏本:そうですね。見た目でいうとポーズがあざといかな(笑)。ただ、下品になりすぎないようにっていうのは気を付けています。

――下品になりすぎないですか。

夏本:最近のグラビアは「ザ・エロ」っていうのが強くなりすぎていると感じていて…。それは素敵だと思うんですけど、私はかわいさや恥じらいとかも表現したいと思っているんです。だから足をバーンと広げないとか。

 

この表情がヤバい…

 

――自分の中でNGって決めてらっしゃるんですか?

夏本:NGラインは衣装かな。なんていうか、プニプニがでないように(笑)。

――プニプニ?

夏本:プニプニっていうのが表現しづらいんですけど、お股の膨らみのことですね。男性にはあまり伝わらないかも(笑)。

――お股の割れ目のところの…ですかね?

夏本:そうそう! そこは出さないようにと決めています。

――では、自分のお気に入りの衣装などはありますか?

夏本:過激なものより、シンプルなほうが好きですね。そういう格好のほうが、私には合っているかなって。

――夏本さんは自分の「かわいさ」に対して徹底されていますね。だからタイトルで「かわいいって知ってます」と言えるんだなと。このタイトルは自分でつけたんですか?

夏本:そうなんです。今まで4作品全部自分でつけました。いつも何個か候補を考えて、監督さんと決める感じです。

men's Pick Up

ニュース関連トピック