メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  エロ体験談 >  【エロ体験談】香港のエロマンション

【エロ体験談】香港のエロいマンションの秘密


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

※イメージ画像:Getty Imagesより

 

 「普通に生活を営んでいる人たち」の生々しい性体験が知りたい!ということで、2017年2月に募集をはじめた【エロ体験談】。おかげさまで投稿は増え続け、当メンズサイゾーでも屈指の人気コーナーに成長しました。

 皆さまのエロ体験談はAV業界からも注目を集め、ついには大手AVメーカーのKMPさんが映像化に名乗りを上げてくれたほど。自分の体験した思い出を映像化したいという方は、ドシドシご応募ください! 詳しくはコチラまで。

 さて、何はともあれ今回も珠玉のエロ体験談をお届けします。


『香港のエロいマンションの秘密
投稿者:しまんず(40歳/男性)

 香港やマカオといえば、女性が喜びそうな旅行先である。だがオレは観光には目もくれず、だたひたすらエロいことをしていた。今回はそんな旅の話を紹介したい。

 香港への出張の最終日。午前中に仕事が片付き、今日の午後から明日の帰国便に乗るまでは、フリータイムとなった。いつもなら出張最終日はエロの本場マカオへ出撃するが、今日はどうしようか。 取引先の人から誘いがあるも、 同行女性陣には若いカワイコちゃんが皆無。オレはひとりでエロ活動することにした。

 香港でも売春はご法度で、いわゆる置屋は営業NGみたい。ただ、個人間の取引はお咎めナシときている。問題は個人営業の女の子をどう探すかだが、そこは商売上手な香港人。そういう女の子が集まっているマンションがあるのだ。

 そのマンションでは1部屋ずつピンポンを押し、出てきた女の子を品定め。気に入らなかったら、ドアを閉め次の部屋へ。ピンポンを繰り返して、気に入った女の子がいたら、その部屋へ入り込んでエンジョイする。誰が考えたのか知らないが、素晴らしいシステムだ。オレはそこを「ピンポンマンション」と呼んでいる。

 地下鉄で移動し、駅から数分歩いてマンションに到着。ここはやや値が張るピンポンマンションだが、若くていい女が多いとの評判のところ。エレベーターで最上階へ。上の階から見て回り、下の階へ移動する。

 女の子がいる部屋のドアには、「Welcome」と書かれた小さい看板がかかっている。看板のおかげで、少なからずいる一般の部屋を間違ってピンポンすることはない。その看板が裏返され「Please Wait」となっているところは、接客中や休憩中のところなので、ここもスルーだ。


『香港異人娼婦館』

世界にはいろんな風俗が!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週
CAUTION!年齢認証
ここから先は、アダルト作品を取り扱うページとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。
あなたは18歳以上ですか?