「そこまで見せていいの?」朝比奈祐未、局部ギリギリの脱ぎかけショットに男性ファン大興奮

 「ひなけつ」と呼ばれる美尻とGカップ爆乳で人気を集めるグラビアアイドルの朝比奈祐未(27)が、10月12日に2020年カレンダーをリリースすることを発表。その表紙カットが公開され、上下のランジェリーが「脱ぎかけ」になった過激すぎる姿に男性ファンの視線が集まっている。

 朝比奈は24日付の自身のTwitterとInstagramで「朝比奈祐未2020年カレンダーが
発売されることになりました!! 発売日は10/12(土)です! B2なのでかなり大きいサイズ」などと報告。「去年に引き続き今年もカレンダーを出せてとっても嬉しいです!」と喜びを表現しつつ、表紙カットを投稿した。

 公開された表紙カットは、朝比奈がセクシーなランジェリーをまとい、上下ともに「脱ぎかけ」になっている大胆ショット。ブラジャーはヒモが完全に外れて手で押さえているだけ、下半身はショーツをずらして「局部ギリギリ」まで見せつけている。

 脱ぎかけになったことで肌の露出面積が多くなり、下半身が超ローライズともいえる状態となったことで抜群のスタイルがさらに際立ち、それが彼女の魅力を増幅させているともいえそうだ。

 これにネット上では「いいんですか? そこまで見せて…」「つるつるすべすべなのが分かる」「エロい! 際どい!」「ショーツのギリギリ感がたまりません」「もしかしてパイパン!?」などと興奮状態の絶賛コメントが殺到。普段から彼女は脱ぎっぷりの良さに定評があるが、いつも以上の過激な姿に悩殺される男性が続出しているようだ。

 また、通販サイトでは下乳が丸出しになったランジェリー姿の先行カットが公開されており、こちらもかなり刺激的。2019年カレンダーでは、大胆なセミヌード姿を披露していたが、新作カレンダーも相当な過激度となりそうである。

men's Pick Up

芸能関連トピック