メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  【エロ体験談】高円寺の怪物女  > 7ページ目

【エロ体験談】僕の出会い系戦歴 ~高円寺の怪物編~


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

 すかさずイキそうになり、何も言わずに由美さんを押し倒して正常位で激しく突き、由美さんの中に精子をぶちまけた。


「もう、青テンさん早いよー。でも私も最高に気持ち良かったわ♪」


 由美さんがトロンとした目で見つめてくる。しかし僕は上の空だった。相手が可愛ければ抱きしめてキスのひとつやふたつはするのだが…。

 ここで時計を確認すると、入室から2時間経過していた。僕は残りの時間をどう切り抜けるかを必死に考えた。すると由美さんが、


「まだ時間あるし、ちょっと休憩しましょ」


 と言ってくる。「帰る」ということは頭にないらしい。

 そのとき、僕の携帯に電話の着信が入った。相手は会社の同僚で、出てみるとただの飲みの誘いだった。

 だが僕は、「ここしかない! 最高の演技を見せて、この場を切り抜けてやる!」と思い、


「どうした?? 何かあった?」

「マジで!? それ今戻ってやらなきゃダメ??」

「そっかー、うんわかった。じゃあ今から戻るよ」


 などと、あたかも急用ができたかのように振る舞い、電話を切った。

 僕は由美さんに「本当にごめんなさい。どうしても会社に戻らなくては行けなくて…」と伝える。


「そう、しょうがないよね。じゃあすぐに出ましょうか?」


 由美さんはちょっとガッカリした様子だったが、僕は心の中でガッツポーズをしながら、「もう少し楽しみたかっだけど、今日はありがとう!」と、心にもないセリフをはいてシャワーも浴びずにホテルを後にした。

 


『紺野ひかるの股間サディズム 起ち続ける怪物ペニバン M男パラダイス[DVD]』

怪物違い?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週