メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  【エロ体験談】高円寺の怪物女  > 5ページ目

【エロ体験談】僕の出会い系戦歴 ~高円寺の怪物編~


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

 ヌチュヌチュレロレロと激しいディープキスをされ、そのまま押し倒されて100キロの巨体が僕の上に乗ってくる。激しいキスはなおも勢いを増し、愚息をつかまれる。


「あら、元気ないわね。私がまた元気にしてあげるね」


 由美さんは手コキの後に愚息を口に含んで、先程の強烈なディープスロートをしてくれた。

 ジュポジュポジョルルルと吸われ、恥ずかしながら愚息は元気に…。それを見た由美さんは、


「こんなのはどうかしら?」


 とブラを外して推定Jカップはあろうかという深い谷間に愚息を包み込み、激しいパイズリをし始めた。

 僕は先程同様、目を閉じてぽっちゃり系AVを脳内で再生。次第に興奮してきたが、


「青テンさんばかりズルいー! 私も気持ちよくして♪」


 と、由美さんがTバックを脱いで僕の顔に股間をすり寄せ、シックスナインで相互愛撫を求めてきた。

 僕は目を開くことなく、脳内AVも中断せず、脂肪の塊をかきわけて何とかクリにたどり着いた。

 僕は必死で舌を動かしながら、中に指を入れる。奥をかき混ぜていると、


「あーー! そこー!! 気持ちイイイイ!」

「私も負けてられないー!」


 由美さんは喘ぎながらも先程よりも激しいフェラをしてきた。

 僕の脳内で再生されているAV女優が、「もう我慢できない! 挿れて!」と叫ぶ。そんな一種の自己催眠状態に陥っていた僕は、「由美さん、もう挿れたいよ」と伝えた。

 


『紺野ひかるの股間サディズム 起ち続ける怪物ペニバン M男パラダイス[DVD]』

怪物違い?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週