メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  【エロ体験談】高円寺の怪物女  > 4ページ目

【エロ体験談】僕の出会い系戦歴 ~高円寺の怪物編~


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

 「着替え? シャワーじゃなくて? 裸になるんじゃなくて??」と不思議に思い、気づかれないように洗面台を覗いてみると、赤いレースのブラとTバック、赤い網タイツをはいていた…。

 これだけ聞くとセクシーな気もするが、どうか思い出してほしい。相手は40後半で、髪はギトギトで100キロほどの巨体であることを…。

 由美さんは戻ってくると、


「どう? こういう格好って男の人は興奮するでしょ?」

「早く脱いで! 楽しみましょ」


 と僕の服を脱がしにかかった。

 彼女は耳に息を吹きかけたり乳首を舐めてきたりするが、僕はまるで興奮しない。やがてズボンとパンツを脱がされ、愚息があらわになった。その瞬間、彼女は「まぁ! なんておいしそうなの!」とすごい勢いでむしゃぶりついてきた。


「ジュポジュポジュルルル、あぁオイヒイ!」

「あぁ! タマタマも可愛い!」


 いわゆる仁王立ちフェラで、テクだけでいえば、とんでもなく気持ち良かった。

 ただ、相手が相手だけになかなか愚息は元気にならない。僕は目をつぶって頭の中でぽっちゃり系AVを再生する。途端に愚息が元気になり、彼女のテクもあってすぐに発射の前兆が訪れた。


「あ、すごく気持ち良い。イキそうだよ」

「お口の中に出してー」


 僕は勢いよく発射した。

 由美さんは、「たくさん出たね」と手の平に精子を出して見せ、その後それを飲み込んだ。

 まるでAVみたいな展開だが、相手が相手だけに猛烈な賢者タイムが訪れ、ベッドに腰を掛けてぼーっとしていると、


「まだまだお楽しみはこれからよ」


 と僕の口の中に舌を浸入させてきた。

 


『紺野ひかるの股間サディズム 起ち続ける怪物ペニバン M男パラダイス[DVD]』

怪物違い?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週