メンズサイゾー >  芸能 >  アイドル >  川村虹花、セクシー腕立て伏せ

「胸の膨らみもお尻のプリプリ具合も最高!」川村虹花、露出度高めのスポブラ姿でファンを刺激


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  


 俳優の武田真治(46)らが筋トレをし、決め台詞の「筋肉は裏切らない」が昨年の『ユーキャン新語・流行語大賞』にノミネートされたNHKの『みんなで筋肉体操』。今やバラエティでもおなじみのマッチョな近畿大学准教授・谷本道哉氏が「筋肉講師」を務める5分間のミニ番組だ。

 その最新シリーズが29日に始まり、新アシスタントに抜擢されたアイドルが注目を集めている。それは、「最強の地下アイドル」と称される『仮面女子』に所属する川村虹花(かわむら・ななか/23)だ。

 初の女性アシスタントとなった川村は、白のスポブラに黒のスパッツという動きやすい格好で登場。さっそく、この日のテーマである「腕立て伏せ」に挑戦する。初登場ということもあってか、カメラに映される時間が長く、机に手をついた状態の「負荷を下げる腕立て伏せ」ではひとりで汗を流した。

 いかにも健康番組といったテイストだが、川村のトレーニング姿を目にしたネット上の男性ファンは、「いつまでも見ていられる」「美しいボディラインだ」「胸の膨らみもお尻のプリプリ具合も最高」「露出度高すぎ!」などと大喜び。どうやら、川村のトレーニングウェアが刺激的だったようだ。

 思わぬカタチでファンを魅了した川村は、高校1年生のときに事務所のオーディションに合格してアイドル活動を開始。デビュー当初はキュートな妹系のルックスで注目されたが、運動神経の良さを生かした激しいダンスパフォーマンスでも頭角を現し、現在ではグループの中心メンバーとして活躍する。

 その一方で、プロの総合格闘家としても知られる川村。アイドルとしてステージパフォーマンスのクオリティを上げるためにジムに通いはじめ、肉体改造に目覚めたことが格闘家デビューのきっかけだ。ちなみに、川村の母も若いころに格闘家を目指していたとか。そんな母の夢を叶えるために格闘家デビューを決めたそうだ。


『仮面女子/妄想劇場』

なあちゃんもいるよ!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週