メンズサイゾー >  風俗 >  その他 >  GW特別企画:平成風俗史#5

【平成風俗史】ノーパン喫茶~ファッションマッサージと、新法令の施行~


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 風俗なのに挿入はNG、挿入NGなんだけどOKな店もある? という外国人には理解できない独自の進化を遂げたニッポンの“ガラパゴス風俗”。

 その歴史を、平成から令和に変わる“日本人にとって歴史の狭間”となる2019年のゴールデンウィークに振り返る短期集中連載!

<注>※歴史には諸説あり、ここに書かれていることがすべて事実とは限らない。


第5回:ノーパン喫茶~ファッションマッサージと、新法令の施行


 令和元年、そして、新天皇御即位おめでとうございます。記念すべき令和初日は、昭和風俗がもっとも輝いてたあの時代への足がかりとなった歴史からです。

 昭和53年、京都の西加茂の小さな喫茶店から始まったノーパン喫茶ブームは、広がるのも早かったが、終息するのはさらに早かった。

 昭和57年に築地署が、都内で初めて公然わいせつ罪で銀座のノーパン喫茶を摘発すると、それと前後してノーパン喫茶ブームは沈静化に向かった。そして同時に、新たな風俗へと進化していった。

 その前年の昭和56年、ノーパン喫茶の最盛期に歌舞伎町に登場したのは、ノーパン喫茶と個室マッサージを併設した風俗店『歌舞伎町USA』だった。現在のファッションヘルスの元祖であり、イヴが在籍していた店でもある。

 ノーパン喫茶で欲情を駆り立てられた男たちの射精本能を満足させようと、個室のマッサージ部屋で「ファッションマッサージ」と呼ばれた“手コキ”で発射させるサービスが流行し始めた。これがその後に続く「ファッションヘルス」の始まりとなった。

 

※イメージ画像。歌舞伎町のファッションヘルスは、場所柄個室が非常に狭い店が多い。

『赤線地帯 4K デジタル修復版 Blu-ray』


名作がどんどんBlu-rayに!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週