メンズサイゾー >  風俗 >  その他 >  巨乳専門店から来た新人のパイズリ  > 3ページ目

【元デリヘル店長の回想録】「えへへ。おっぱいのオナホールみたいですね」巨乳専門店から来た女のコのパイズリが最高すぎる!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  



 上下ピンク色の可愛らしい下着、抱き心地の良さそうなちょうどいい肉づき…。そして何より目を引くのは、ブラジャーからこぼれ落ちそうなGカップのバストだ。


うわぁお! 想像以上にエロいカラダだな。


 そう思いながら、ひろなのカラダをじっくり見る。

 彼女はその熱っぽい視線を十二分に意識しながら、服をすべて脱ぎ捨てた。

 露わになる乳房。乳輪と乳首は大きく、下品さとエロさが混ざり合っていた。それはまさに私好みのもので、思わず今すぐむしゃぶりつきたくなった。

 そのままシャワールームにふたりで入り、前の店でやっていたようにカラダを流してもらう。

 すると、ひろなは突然背中に密着し、自慢のGカップを擦りつけてきた。


「うわっ! それ、すごいね」

「えへへ。巨乳洗体って言うらしいです」

「これは巨乳好きのお客様も喜ぶよ」

 背中、前面、そして下半身をおっぱいで綺麗にされていく。

 Gカップの柔らかい感触とボディーソープのヌルヌルした感触が混ざり合い、最高に気持ちいい。ついには、シャワールームで完全勃起してしまった。


「わっ、店長もう大きくなってますよ」

「あはは。気持ちよくって」

 手早くカラダを洗い流すと、すぐにベットに向かった。


「それじゃあ、さっそくお願いしていいかな?」

「はい、頑張ります!」

 ひろなは、特に前戯することなく床に座りこむと、ベットに腰掛けていた私のペニスをいきなり咥えた。

ぢゅっ…ぢゅるるっ、ぢゅぷ、ぢゅぷ…。


 確かに気持ちいいが、


せっかくたわわな胸があるのになぜ使わないのか…。


 この悶々とした気持ちは、すぐに晴れることになる。


『極美乳Hcup本物アイドル稲場るかAV解禁』

お願いしたい!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週