【ブッ飛び素人モデルFile】ド淫乱だったエロ本ライター志望の人妻

※イメージ画像:Getty Imagesより


 1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(48歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退までの13年はコンビニ系のアダルト誌を編集。趣味と実益を兼ね「ハメ撮り写真は極力自分で撮る」が信条だったとか。

 そんな氏がエロ本編集者人生を振り返り、今思うのは「風俗嬢よりAV女優より、いろんな意味で本当にエグいのは素人女性!」だということだそうで…。川田氏が、足かけ20年でハメ撮った720人以上の女性の中から、今でも忘れられないブッ飛び素人モデルとのエピソードを蔵出しする。

【ブッ飛び素人モデルFile 013】
ド淫乱だったエロ本ライター志望の人妻/弥生(37歳・主婦)

 エロ本編集部というと、むさ苦しい中年男がタバコをモクモクさせながら仕事をしている場所、なんてイメージをお持ちの方も多いと思いますが…。実は、エロ本周りで働く女性って少なくないんですよね。


「編集長、36頁の右上写真、モザイク指定の入れ忘れでオマ●コ見えてますけど、赤(赤ペン=修正指示)入れときます?」

「あっ、よろしくー」

 こんな会話が日常茶飯事の女性編集部員。さらに、

「今度“ザーメン大好き中出し熟女”って作品が出るんですけど、雑誌で紹介してもらえませんか?」


 なんて電話をかけてくるAVメーカーの女性広報さんとか。一般の男性から見れば、ちょっとドキドキしてしまいそうな会話ですよね。まっ、言う側の女性もいちいち恥ずかしがっていては仕事になりませんから、大抵は3カ月もすれば慣れてしまい、立派なエロ業界の人間になっちゃうんですけどね。

 そしてもうひとつ、エロ本編集部に出入りする女性の職業といえば、ライターさん。エロ本業界で働く裏方女性の中で、女性ライターこそスケベじゃないと務まらない職業なんじゃないかと、僕なんかは思うわけです。

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック