>   >   >  道後温泉:青春のネオンの坂道

【ニッポンの裏風俗】愛媛・道後温泉:今はもうない「ネオン坂」と呼ばれた街


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 吉原、高知とちょんの間旅館ネタが続いたので、高知からの流れで今回は、愛媛の道後温泉にぷらっと寄ってみようと思う。


前回、前々回“ちょんの間旅館”の記事は↓↓↓

【ニッポンの裏風俗】日本一のソープ街・吉原にあった“ちょんの間”旅館

 最近は、若い女性の間で遊郭がブームになっているようです。中でももっとも人気が高いのが、東京の「吉原」。言わずもがな日本一のソープ街です。とはいえ、知らない人もいるかもしれないので軽く説明すると、吉原のソープ街は、昔は遊郭でありました。

【ニッポンの裏風俗】日本一のソープ街・吉原にあった“ちょんの間”旅館

【ニッポンの裏風俗】高知の“ちょんの間”旅館 ~奇跡の出会いはない街、玉水町・堺町~

 前回、ソープ街の吉原にあったちょんの間旅館のこと(※)を書きましたが、同じようなちょんの間旅館や一発屋旅館は全国にあり、今でも残って営業しているところもあります。

【ニッポンの裏風俗】高知の“ちょんの間”旅館 ~奇跡の出会いはない街、玉水町・堺町~


 愛媛県松山市には、四国を代表する遊郭街があった。それが「ネオン坂」と呼ばれた街。今はもうない。

 松山市の中心部・大街道から路面電車で10分ほど揺られて到着するのが、夏目漱石の「坊ちゃん」で有名な道後の街。有名な日本最古の温泉の街で、象徴となっている「道後温泉本館」の歴史ある建築物は、皆の「どっかで見たことある」記憶フォルダに入っているに違いない。

 

 遊郭は、その温泉本館の裏側にあった。しかも、つい最近まで。

 夜、その坂道を訪れると、毒々しいほど真っ赤に輝く「ネオン坂歓楽街」とデザインされたネオンサインのアーチが出迎えてくれる。

 その赤い毒は、近くの建物の壁だけでなく、看板の下のアスファルトまでも毒色に染め、その先には坂道に沿って街路灯と小さな「ネオン坂」の看板が輝いているのだった。

 

 筆者は、フリーランスになった2001年以降この坂を数回訪れているが、それらしき客とすれ違ったのは多分1回きり。「歓楽街」のネオンは、閑散とした歓楽街を、ただ虚しさと過去の栄光のみをひけらかしているようにも見え、その派手さも相まって、一層寂しく感じたものでした。


『旅の宿(薬用入浴剤)全国10箇所温泉気分 湯めぐりセット94包入』

気分だけでも

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週