【風俗23区】江東区湾岸副都心~亀戸:燃え尽きた風俗街

JR亀戸駅周辺


 いま、東京のあの区、あの街、あの駅周辺には、どんな風俗があるのか、はたまたなくなってしまったのか…。それを探索するコーナー。今回は江東区を探索してみた。

 前回の墨田区ぶらりで、筆者的に江東区と墨田区の区分けが難しいと書いた。今回も江東区ぶらりなのに、錦糸町のことを書こうとして、はたと思ってしまった。

 東京都江東区は、隅田川と荒川に挟まれた河口の地域。北の亀戸から南はゲートブリッジを含む湾岸地帯までと、広い地域に及んでいる。豊洲の新市場や東京ビッグサイト、臨海副都心のダイバーシティやヴィーナスフォートを含むものの、ゆりかもめの台場駅やフジテレビ、デックス東京ビーチなどは港区なのが、江東区民にとって歯がゆいところだろう。

 まっ、そんな新市街に風俗店があるわけないので、本記事ではすっ飛ばし、向かったのは臨海副都心の北側。東西線木場駅と東陽町駅の間にある、東陽一丁目付近だ。

 地図を見ると、東西南北に碁盤の目のように路地が走り、この一角だけ周辺の地域とは若干街路の造りが違っているのに気付くだろう。

 かつてここには「洲崎遊郭」があった。明治21年(1888年)、本郷に帝国大学(現在の東大)の校舎を建設するにあたり、近隣にあった根津遊郭が風紀上好ましくないとして、こちらに移転してきたとされる。大正期には約300軒の遊郭が軒を連ねたが、戦時中に空襲を受け閉鎖。その後は、軍事工場となった。

 しかし戦後、洲崎の一部が「洲崎パラダイス」の呼び名で赤線として復活。昭和33年(1958年)の売春防止法施行まで、吉原と並ぶ遊郭として賑わった。現在は閑静な住宅地となっているが、祈念碑が残され、当時からそこにあったであろう古びた飲食店も数軒残り、往時を偲ばせる。

 

東陽一丁目第二公園にある「洲崎遊郭開始以来先亡者追善供養碑」

 

【エロ漫画】風俗マンガといえばこの人! 山崎大紀『フーゾク大帝』第8回

 

men's Pick Up

風俗関連トピック