>   >   >  2019年の日本の風俗を予想

【ニッポンの裏風俗】2019年の日本の風俗を予想してみた


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 明けましておめでとうございます。旧年中は、メンズサイゾー及び松本雷太に、格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。本年も同様のご贔屓をよろしくお願い申し上げます。また、読者の皆様におかれましては、幸多い一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

 読者の皆様はどんな年越しをされたのでしょうか。筆者は、昨年に続き今年も(というか、一昨年に続き、昨年も)カウントダウンライブでの年越しになったハズです(書いてるのは12月末なので)。

 今年は、オリンピックイヤーを来年に控えているということで、風俗業界もザワザワ始まっている様子。それは、インバウンドを狙った外国人客の取り込みという戦略的なものと、逆に、強化されるであろう取り締まりに対する対策という二極的な面を含んだ“ザワザワ”です。


日本伝統のちょんの間は残り続けることができるのか。

 

 まずインバウンドですが、これがすんなりと実施できれば、相当な客数の伸びが期待されるところです。

 東京オリンピック期間中に日本を訪れる外国人観光客の数は、のべ1500万人と予想され(観光庁宿泊旅行統計調査)、その数は東京都の昼間の人口とほぼ同数です。

 男女比や大人と子供の比率は不明ながらも、たとえばその半数が男性で、そのまた半数が成人、その100人にひとりが風俗に来るとすると、それだけでも4万人近い客数が見込めます。ひとり2万円使うとすると、2週間のオリンピック期間中に、約8億円が風俗業界に落ちるという計算です。

 もちろん、商売、特に風俗は、そんなに単純じゃないことは誰もが知っているとおりです。現在、外国人客を受け入れている風俗店は多くなく、ソープランドとデリバリー系の店がそれぞれ数軒のみ。言葉も文化も違う国の客はガラパゴス化しているニッポンの風俗のシステムを理解しにくく、店側も対応の仕方がわからないというのが実情です。

 しかし、考えてみてください、東京に集まって来るのは外国人だけではないんです。日本全国からもオリンピックを観に東京に来る人は相当数いるわけで、その客をどうやったら自分の店に取り込めるのか、その取り組みが各風俗店の今年のテーマということでしょう。


『禁欲爆発焦らされオーガズム 仲村みう』

AVも風俗も盛り上がりますように!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週