>   >   >  ナンパしたらヤリマン女子大生だった  > 3ページ目

【元デリヘル店長の回想録】「チューされながら突かれるの好きぃ! もっとぉ!!」」ナンパしたらヤリマン女子大生が引っかかった


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  


 ホテルに入り、少し世間話した後、「風俗のお仕事に興味ある!」という発言に話を戻してみた。


「本当に興味あるの?」

「うん、あるよぉ。だって、エッチしたらお金貰えるんでしょ?」

「んー、まぁちょっと違うけど、大体そんな感じかな」

「じゃあ、やってみたいなぁ」

「それじゃあ、ちょっといくつか質問させてもらっていい?」

「はい、どーぞー」


 面接シートに記入するための情報をスマホのメモに書き込んでいく。

 フリック操作になれていない私は、ただメモをとるだけでも少し手こずる。


……

 なんとかすべての情報を聞き終え、次からは面接シート持ち歩こうと心に誓った。


「とりあえず、ユリエちゃんはルックスもスタイルもいいし、採用ってことで」

「えーマジ!? ありがとう!」

「それから、俺のことは店長と呼ぶように」

「了解ですっ! 店長!!」

 ユリエは敬礼のポーズを取り、楽しそうに笑った。

 そして、そのまま私にギュッと抱き着いてきた。

「えっ、ユリエちゃん?」

「今日はまだエッチな気分が抜けてないからさぁ…しよ?」


 色っぽい眼差しに吸い込まれそうになる。

 気づいた時には、唇を重ねながらベットに倒れ込んでいた。


「んっ…ちゅっ…。店長、キスするの上手いね」

「あはは、そう? そう言ってもらえると嬉しいなぁ」

 濃厚に舌を絡ませながらお互い服を脱ぎ、すぐに生まれたままの姿に。

 首筋や胸を舐めて愛撫すると、ユリエは可愛らしい声で喘いだ。


「んっ…あっ…。あんっ!!」


 漏れ出す甘い声が、私のアソコをグングン大きくした。

 そのまま彼女のアソコに手を伸ばし、ゆっくり周りから円を描くようにして、優しく振れる。


「う…あぁ。それ、気持ちいい…あぁ…」


 うっとりした声が聞こえてきたあたりで、愛液が溢れ出してきた。


『ワンダーヤリマン/ドバットマンVSスーパーマン棒の性戦[DVD]』

笑った

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週