>   >   >  ナンパしたらヤリマン女子大生だった  > 2ページ目

【元デリヘル店長の回想録】「チューされながら突かれるの好きぃ! もっとぉ!!」」ナンパしたらヤリマン女子大生が引っかかった


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  


「えー! 風俗のスカウトさんなの!?」

「実はそうなんだよね。びっくりした?」

 個室居酒屋に入り、こちらの仕事を明かすと、彼女はちょっと大げさに驚いてみせた。

 彼女の名前はユリエ。20歳の大学生だった。

「びっくりしたよ、ただのナンパだと思ったから…」

「あはは、ごめんね。いつもこの辺で遊んでるの?」

「うん。本当は今日も友達と遊ぶ予定だったんだけど…」

「ドタキャンされたって言ってたね(笑)」

「もーマジであり得ないって思った! これだから男は…」

「遊ぶ相手って、彼氏さんだったの?」


 私のこの言葉に、ビールを飲みながら手をぶんぶんと横に振るユリエ。


「ちがうちがう、男友達だよ。彼氏はいませーん」

「そうなんだ。ユリエちゃん可愛いから彼氏いるのかと思った」

「いないよー。っていうか、その男友達ってのもセフレみたいなもんだし(笑)」

「えっ、セフレ?」

「うん、セフレ(笑)。私、結構エッチするの好きだからさー。まぁ、ヤリマンってやつですよ」

「おにーさんもこの後行くでしょ?」

「えっ、どこに?」

「んふふー。ラ・ブ・ホ♪」

 酒が回ってきたのか、とろんとした表情で甘えた声を出してくるユリエ。さっきまでケラケラ笑っていたのがウソのように色っぽかった。


「それにアタシ、風俗のお仕事に興味ある! もっと詳しく聞かせてよー」

 とりあえず、この流れでラブホテルに向かうことになった。



『ワンダーヤリマン/ドバットマンVSスーパーマン棒の性戦[DVD]』

笑った

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週