メンズサイゾー >  インタビュー >  アイドル >  柚本愛美、引退記念インタビュー

人生の半分以上を捧げた芸能界から引退… 小学生のころからマルチに活動してきた柚本愛美、引退記念インタビュー!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】


 小学生の頃から子役として芸能活動を始め、ソロアイドルやグループアイドル、女優やレポーターなどマルチに活動してきた柚本愛美(ゆもと・あみ/24)。22歳でグラビアアイドルの世界にも進出、老舗グラビア誌「Cream」のモデルや撮影会モデルとして、スレンダーな肢体を披露してきた。現在はアイドルグループ「刹那SONIC」の一員としても活動しているが、12月30日のライブで人生の半分以上を捧げてきた芸能界から引退する。

 新たな人生を歩もうとしている彼女に、これまでのキャリアを振り返ってもらいながら、今の率直な気持ちを語ってもらった。

――この世界に入ったきっかけから教えてください。

柚本:小学4年生の時に池袋でスカウトされたのがきっかけでした。それまで芸能界に興味はなかったんですけど、私よりも母が乗り気で。「せっかくなんだからやりなさい!」って言われて始めました。

――小学4年生にもなると芸能界に興味を持ってもおかしくないですけどね。

柚本:その時はセーラームーンになりたかったんです(笑)。なので、特に芸能界でやりたいこともなく、言われるがままオーディションを受けて、再現VTRやミュージカルのお仕事をやっていました。

――やってみると楽しかったんですか?

柚本:いきなり大人の世界に入ったので最初は必死でしたけど、慣れてくると楽しいし、自分の可能性が広がっていくのを感じることができました。

――アイドル活動は、どういうきっかけで始めたんですか。

柚本:アキバのメイドカフェで働いていた時に、そこの女の子でユニット活動をしたのが最初です。お店だけじゃなく、アキバのライブハウスにも出演していました。そこのメイドカフェで1年半ぐらい働いていたんですけど、ユニット自体は8カ月ぐらい。その後にソロや「DISDOL」と「東京イルミナティ」というグループの活動を経て、今は刹那SONICでライブをしています。

――グラビア活動は22歳と、やや遅めですよね。

柚本:今の事務所に入ってからなので2年前です。ただ、ずっと芸能のお仕事を続けていたわけではなく、普通に社会人として就職もしてたんですよ。


『柚本愛美 Cream Girl[DVD]』

眼帯ビキニ、バンザイ!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週