>   >  撮影で処女喪失したおデブ女子大生

【ブッ飛び素人モデルFile】撮影で処女喪失した100キロのおデブ女子大生


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

※イメージ画像:Getty Imagesより


 1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(48歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退までの13年はコンビニ系のアダルト誌を編集。趣味と実益を兼ね「ハメ撮り写真は極力自分で撮る」が信条だったとか。

 そんな氏がエロ本編集者人生を振り返り、今思うのは「風俗嬢よりAV女優より、いろんな意味で本当にエグいのは素人女性!」だということだそうで…。川田氏が、足かけ20年でハメ撮った720人以上の女性の中から、今でも忘れられないブッ飛び素人モデルとのエピソードを蔵出しする。


【ブッ飛び素人モデルFile 005】
撮影で処女喪失した100キロのおデブ女子大生/幸子(21歳・大学生)

 今でこそ「ぽっちゃり女子」とか「マシュマロ女子」なんて言われて、男性の頭の中からも「デブ=醜い」という意識が薄れつつあるようですが…。

 僕がマニア誌編集に携わっていた2000年前後は、まだまだ日陰の存在だったんですよね、おデブちゃんって。

 それでも、いつの時代も「デブ専」男性というのはいるもので、100キロ級の女のコばかりを集めた「白ポチャ娘」なんてタイトルのエロ本を出すと、そこそこ売れたもんなんですよ。

 なもんで、僕も隔月で1年ほど、おデブ本を作ってたんですがね…。

 モデル募集の広告に「年齢、容姿、体型不問」と謳ったこともあり、来るわくるわ、モデル希望のおデブちゃんたちが(笑)。ところが、


「えー、せっかく面接に来たのに、仕事ないんですかぁ!?」


 顔はニキビだらけで肌も汚い120キロの子持ち主婦が来たかと思えば、


「ダンナが全然相手にしてくれないんです」


 と欲求不満を訴える四十路のデブスさん。さらには、


「10年前に離婚してから男性とは一度もしてません」


 なんて、五十路にさしかかった熟デブさんといった、失礼を覚悟ではっきり言えば「使えない」おデブ女性ばかり。


(おっ、このコ、太ってるけど可愛いよね)


 というのは10人にひとりくらいな感じだったんです。

 もちろん、慈善事業じゃありませんから、あまりにヒドいおデブちゃんは丁重にお断りしてお帰りいただいてたんですが…。


『ぽちゃDOLL the BEST 総重量780kg超!!![DVD]』

とりあえず、ちょっとでも気になった人はチェック!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週