【アジアの裏風俗】インドネシア:無理にでも遊ばないと3万円が使いきれないほど激安な街・ジャカルタ!

【ニッポンの裏風俗・番外編】

 前回まで番外編として“アジアの裏風俗”を3回の予定で掲載しましたが、もうひとつだけ報告したい事例があったので、おまけとして付け加えようと思います。


※これまでの【アジアの風俗】は↓↓↓

 今年も早いもので、多くの出版社で先月書いた原稿料が入るのが年をまたぐ時期となりました(サイゾーはもっと早くて助かります(笑))。年末年始は、正月休みとボーナスを見込んで「海外で風俗を」と思ってる読者も少なくないのではないでしょうか。


 深圳には床屋が風俗店になっていたり、食料品店がちょんの間になっていたりと、ビックリするような風俗があれば、ビックリするほど拝金主義のクソビッチもいます。それは、中国のキャバクラ・夜総会の女のコとの出来事でした。


 韓国、特にソウルで人気のニュー風俗と言われるオフィステル(マンヘル)やキスバン(キス専店)は、韓国語ができないと遊びに行くのも、そもそもネットで店を見つけることすら難しい。


 情報が古く、しかも筆者の手元に当時の料金などのデータが残っていないことから、現在との正確な比較はできません。なので、「昔話」や「思い出話」として読んでいただけたら幸いです。

 それは10年ほど前、エロ実話誌の編集者と一緒にインドネシアに取材に行った時のことでした。成田からの飛行機が降り立ったのはバリ島。そこから向かったのは、バリでもっとも賑やかなクタの街でした。

 

 

 きれいなビーチのあるクタは、世界中からの観光客で賑わうビーチリゾートで、その分、マサージや風俗店もたくさんあります。

 インドネシアはイスラム教の国にしては風俗が多く、しかも置屋街まであるんですな。よく見ると、店の看板に通し番号が振られているので、認可制なのでしょうか。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 風俗体験談
  2. 所沢ショーイチ
  3. 唯井まひろ
  4. ドスケベ女の性事情
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. トコショー
  7. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  8. 世界一周エロ旅
  9. 佐藤健
  10. セフレとのエッチ
  11. パンチラ連載

men's最新記事