>   >   >  巨乳キャバ嬢をデリヘルに引き抜いた

【元デリヘル店長の回想録】おっとり口調の巨乳キャバ嬢をデリヘルに引き抜いた話


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

※イメージ画像:Getty Imagesより


 “夜のお店”と聞いて、一番最初にイメージし易いキャバクラ。

 高級感あふれる店構えに、艶やかなドレス姿で接客してくれる女性たち。もちろん料金によってピンキリだが、“イイ女”が集まる傾向が強いキャバクラは、夜職の花形とも言える。

 今回は、キャバクラに遊びに行った際にひとりの女性を引き抜き、風俗入りさせた時のお話だ。


【風俗嬢と体の関係~ツムギの場合~】


「へぇ~。ツムギちゃんって、まだ二十歳になったばっかりなんだ!」


「そうなんですよぉ」


 煌びやかな店内、ふかふかのソファー、綺麗な女性たち。その日、休みを利用して二人の部下と共にキャバクラに遊びに来ていた。

 私についたのは、『ツムギ』という名前の女のコ。少し明るめのボブカット茶髪にとろんとした瞳、おっとりした喋り方と天然そうな雰囲気が特徴的だった。

 胸元がざっくり開いたドレスからは、深い谷間がのぞく。Fカップは余裕で超えているだろうと推測した。


「小鉄さん、おっぱいすぐ見ますね~」

「あっ、ごめん。つい目が(笑)」

「いいんですよー。男の人って、おっぱい好きですよねぇ」


 ぽやーんとした表情のまま、私の手を取り胸に軽く当てるツムギ。


プニプニした感触が気持ちいい♪


「…っていうか、キャバクラってこんなことしちゃマズイでしょ!?」


 ハッと我に返って手を離した。

「あははー。そういえばそうですねぇー」


 ツムギは悪びれる様子もなくヘラヘラ笑った。


「ツムギちゃんって、天然とか言われたことない?」


 その言葉に少しムッとした表情を見せる。


「よく言われるんですけど、違いますよぉ。天然って、よく転んだりとかボケーッとしてる人のことですよねぇ? 私、こう見えてもちゃんとしてるんですよぉ!」


 なるほど。天然と指摘されて若干怒る…この反応はガチ天然だ(笑)。

 アルコールもいい感じに入ってきたところで、彼女をそのまま場内指名した。


この性格なら、上手く言い包めれば引き抜けるかもしれない…。


 そう考え、彼女からいろんな情報を引き出すことにした。


『無意識にいつも僕を挑発してくるJカップ着衣巨乳のお姉さん 松本菜奈実』


なんだこの乳!!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週