【元デリヘル店長の回想録】「しゅきいっ! 奥、気持ちいいよぉ!」立ちバックでよがり狂う、高身長&巨乳ギャルキャスト

「ちょっとだけ散らかってるけど、気にしないでぇー」

「あっ、うん。おじゃまします」

 ネネの部屋は、ピンク色とゼブラ柄で統一された“これぞギャル”という感じだった。

 小物などはきちんと収納されていて、いきなり来てここまで綺麗なのは、彼女のマメな性格を表していた。

 部屋に置かれた大きなベットに腰掛ける。缶酎ハイを2本持ってきたネネは、私に手渡し、隣にくっついて座った。

「なんか、てんちょーとくっついてるとドキドキする」

「あはは、マジ? 俺もちょっと緊張してきた」

「やっぱり、お客さん相手にするのとは違うなぁ…」


 お互いに缶酎ハイを飲んだのは一口だけ。

 そのままベットに倒れこむようにして、唇を重ねた。

んちゅ、ちゅぱ、ちゅぱ。


 舌が絡み合いながらうねうねと動き回る。

 ネネはこちらの舌をフェラするように吸い付く。


「んふふ。舌フェラって、好きな人結構多いんだよね。てんちょーは好き?」


「エロくていいね。好きだよ」

 ネネは無邪気な笑顔のまま、私のシャツのボタンを外していった。

 露わになった乳首を舐めながら、ペニスをズボンの上からさすって刺激。

 私は早く直接的な刺激が欲しくなり、急いでズボンとパンツを脱いだ。


「んふふ。乳首舐め手コキ好きなの?」

「あぁ、すごく。ネネちゃんのめっちゃ気持ち良いよ」

「あたしのも触ってほしい…」

 少し照れながら、おねだりしてくるネネ。

 彼女の望み通り秘部に触れると、しっとり水気を帯び始めていた。

「ん…あっ、あんっ!」


 外側を擦るようにゆっくりアソコを撫でまわすと、甘い声で喘ぎ始めた。

 じっとり愛液が出始めたところで、指を挿入していく。


「ふあっ! あっ、ああぁ! んぅ…」

 どうやら膣内もかなり感じるタイプのようだ。

 見た目のわりにMなのかもしれない。

men's Pick Up

風俗関連トピック