【元デリヘル店長の回想録】「しゅきいっ! 奥、気持ちいいよぉ!」立ちバックでよがり狂う、高身長&巨乳ギャルキャスト



 今回の食事は、本人の希望で焼肉だ。


「あ~焼肉とかチョー久々ぁ~」

「そうなの?」

「普段あんまり外に食事とか行かないんだよねぇ~」

「えっ、自炊してるってこと!?」

「何、その反応! 店長失礼すぎるんですけど(笑)」

 このギャルギャルしい見た目で「自炊してます!」なんて言われれば、みんな同じような反応を示すと思うのだが…。

 それはさておき、助手席でキャッキャッと無邪気に笑いながら話す彼女は、とても愛らしく見えた。

 スタイル抜群で濃いめのメイクとくれば、どうしても高飛車に見られてしまうネネ。だが、実際に話してみれば分かるが、愛嬌ある性格とのギャップにやられてしまうお客様が多かった。


(男心をくすぐるんだよなぁ…)


 そんなことを考えながら焼肉屋に到着。駐車場に車を止める。


「よぉーし、食うぞ! 飲むぞ~!」

「ネネちゃん明日も出勤なんだから、ほどほどにね(笑)」

「はぁ~い」

 本当に聞いているのか不安になるような、流すような返事だった。

※※※

「うへへ…飲み過ぎちゃいますた」

「だから言ったのに」

 千鳥足になりながら、私の肩につかまって歩くネネ。

 調子に乗って何杯もおかわりするからだ。


「大丈夫? ちゃんと帰れる?」

「えぇーてんちょー送ってよぉ」

「うーん、俺もお酒飲んじゃったからなぁ…」

 代行で家まで帰るつもりだったが、とんだ誤算だ。

 せっかく美味しい思いができそうなシチュエーションなのに。

 でも、ここでホテルに誘うのもなぁ…。

 そんな下衆な考えを巡らせていると、ネネから思いもよらない発言が。

「だいじょーぶ! ウチの家、ここからタクシーでワンメーター!」

「よし、乗ろう」


 彼女の言葉を聞いて、すぐさまタクシーに乗り込んだ。

「てんちょーもちろん上がっていくよねー?」

「そうだね、ちょっとだけお邪魔しようかな」

「…あ、えっちなこと考えてる?」

「…ちょっとだけ」

「んふふ~だよねぇ」

完璧にいただけるパターンのやつだ、コレ!


 テンションが上がったことが相手にバレないよう、心の奥に抑え込む。

 そのうち、彼女のマンションに到着した。

men's Pick Up

風俗関連トピック