華村あすか、まるで全裸のような過激グラビア! 極上ボディと大人の色気でファンを魅了



 グラビアでも活躍する女優の華村あすか(19)が、雑誌「FRIDAY」(講談社)の表紙&誌面グラビアに登場。シックな水着に身を包み、細身ながら豊満な胸が目を引く極上のボディを見せつけた。

 身長168センチで、スリーサイズは上からB86・W60・H83(cm)の見事というほかないプロポーションを誇る華村。小動物系の顔立ちは可愛らしいがどこか色っぽく、手足は驚くほどしなやかで長い。そんな彼女の魅力が、今回のグラビアでも存分に発揮されている。

 表紙と連動した誌面グラビアで華村は、黒のビキニの上にシースルーのシャツをはおった姿を披露。波打ち際で伸びをする彼女は、それだけで絵になる。また、ジーンズを脱ぎかけている笑顔ショットなどもあり、ここでは10代らしいあどけなさを振りまく。

 特に目を引くのは、変形水着のショット。ビキニのトップスとショーツを紐で結び付けたような水着で、しなやかなボディラインを見せつけた。この水着で仰向けになっているカットでは上乳部分が大きく盛り上がっており、かなり刺激的な魅力を漂わせる。

 さらに特別付録として華村のプレミアMINIブックがあり、ここでも色っぽい姿を見せている。

 そのMINIブックの表紙は、ベージュのビキニを身につけてベッドの上で横たわっているカット。まるで全裸のようで、思わず見入ってしまうショットだ。さらに、ヒョウ柄のビキニでは、肉感的なお尻と太ももが印象的なバックショットを公開。脚の長さが際立つショットで、改めてスタイルの良さをアピールした。

 また、白のランジェリー風ビキニでシャワーを浴びるカットもかなり刺激的。引き締まった腰回りと「プリンッ」としたヒップに水が滴る様子は艶めかしく、濡れ髪スタイルもいつになくアダルトな印象だ。

 昨年、グラビアデビューで「週刊プレイボーイ」(集英社)の表紙に抜擢され、スレンダーながらもメリハリのあるボディを見せつけた女優の華村あすか(19)。完璧なルックスと10代とは思えない色気を武器に人気を高める彼女が、8日放送の『さまスポ』(テレビ東京系)で男性視聴者を釘づけにした。


men's Pick Up

ニュース関連トピック