美しさの陰に痛みあり? 緒方咲、神スタイル引き立つひねりポーズ!

※イメージ画像:「緒方咲Instagram(@chaaansaki)」より

 2日、168cmの高身長&まん丸Fカップ巨乳が魅力的なグラビアアイドルの緒方咲(おがた・さき/23)が、水着姿で床に寝そべる画像を自身のInstagramにアップ。ひとひねり加えた技ありポーズで、「神スタイル」と称されるスレンダーボディの美しさを引き立たせた。

 投稿された画像で緒方が着用しているのは、布面積が極端に少ないため前部がV字状態で背中は丸見えという過激なハイレグ水着。カメラに背を向けるカタチで横向きに寝そべり、顔だけをこちらへ向けているため、バストからウェスト、ヒップへかけての曲線も美しい一枚だ。特にお尻に関しては、腰にひねりを加えることでクビレがより強調され、ボリューム感がよりアップしている。

 緒方いわく「グラビアの撮影には欠かせない」という、このひねりポーズ。彼女にはクラシックバレエ経験があり、お澄まし顔のため余裕しゃくしゃくなのかと思いきや、「翌日には首とか腰が悲鳴をあげるよぉ~」とのことで、“グラビア映えの陰には痛みあり”を伝えるショットにもなっている。

 この画像は、4月にリリースされた1st映像作品『Debut!』(竹書房)からのもので、本編内では同衣装でブリッジや四つん這いの“猫伸び”など、個性的なポージングを披露。さらに他にも、極小ビキニや素肌の上からタンクトップなど攻めまくりのコスチュームで登場し、「グラビア摩天楼」とも称されるスリーサイズ上からB85・W59・H88(cm)の美ボディを存分にアピールしている。

men's Pick Up

ニュース関連トピック