「ヤレそうな女」に見られるグラビア界のスーパールーキー! ミニマム系爆乳美女・白石若奈インタビュー

※画像:『白石若奈/もしも、若奈と出会ったら』エスデジタル


――思春期の男子は、そういうの見てますからね~。

若奈:けっこう気にしてたので、プライベートでは胸が目立たない服ばっかり着てました。

――でも今は、お仕事で武器になっていますよね。その切り替えは自然とできたんですか?

若奈:自然とっていうか…。私、SNSがきっかけでこの世界に入ったんです。自撮りをアップしていたら、「巨乳のコがいる」ってウワサになって、芸能関係の方に声をかけていただいたんですよ。その流れで今に至るって感じですね。

――DVDでは、けっこうキワどい衣装とかもありますが、それには抵抗ありませんでしたか?

若奈:ビキニなんてほとんど着たことがなかったから、最初はやっぱり恥ずかしかった。でも、だんだん慣れてきたかな(笑)。

――最新DVDでも水着は着ていると思いますが、気になった衣装などはありましたか?

若奈:黒いヤツが新鮮だった!

――黒いヤツ?

若奈:なんていうんだろう…。SMっぽい雰囲気で、首輪をつけて網タイツをはいて、カラダにピタッとフィットした衣装です。

――ボンテージ風の服かな。

若奈:そうそう! ボンテージです。そういうタイプの衣装を着ることがなかったので、とっても新鮮でした。手首を縛られて目隠しもされて…。

――それはいったいどんなシチュエーションで着たの?

若奈:『もしも、若奈と出会ったら』は、私が親戚のお兄ちゃんに久しぶりに会って、どんどん大人になっていくっていう感じのストーリーです。お兄ちゃんに成長し自分を診てもらいたくて、子供扱いされないようにちょっと強気に「触ってみる?」って迫っちゃうんですよ。

men's Pick Up

インタビュー関連トピック