「ヤレそうな女」に見られるグラビア界のスーパールーキー! ミニマム系爆乳美女・白石若奈インタビュー

※画像:『白石若奈/もしも、若奈と出会ったら』エスデジタル


――得意なポーズやシチュエーションはありますか?

若奈:自分的には横乳が気に入っているので、四つん這いとか手ブラのシーンを見てほしいですね。ベッドの上でうつ伏せになっているスタイルとかも好き。

――確かに、素晴らしい横乳です(笑)。何歳くらいから胸が大きくなってきたんですか?

若奈:小学校高学年くらいからかな。周りの女のコより大きくなってきたなって思いました。それから中学生頃からだんだん太ってきて、それに合わせて胸も成長(笑)。昔の写真、見ます? 脚とかけっこう太くてヤバいんですよ…。

――(学生時代の写真を見て)あぁ~、なるほど。太っているというよりは、ぽっちゃりムチムチ系ですね。すごく初々しい感じがします。でも今は全体的に見ると華奢ですよね。それでいて胸が大きいという、まさに理想的なボディだと思います。

若奈:ダイエットとかは全然してないんですけどね。ひとり暮らしを始めたら、自然に痩せちゃいました。あんまりイイもの食べてなかったのかな(笑)。

――カラダを動かすのは好き? プロフィールにバドミントンが得意だと書いてありましたが。

若奈:実は運動はあまり得意じゃないんです。バトミントンは楽しいと思えるけど、バスケットボールとか激しいスポーツはまったく…。走るの苦手なんですよね~。

――胸がジャマしちゃうのかな?

若奈:ホントにそう! 持久走とかかなりキツかった~。胸が揺れないようにこっそり押さえながら走ってましたもん。

――“巨乳あるある”ですね…。男子の間で話題になったんじゃないですか?

若奈:大学生になってから高校時代の同級生の男子に言われました…。「お前、1番スゴかったよ」って。体育の授業中に相当揺れていたようで(笑)。

men's Pick Up

ニュース関連トピック