とんでもないギャルと酒池肉林の大合コン!

とんでもないギャルと酒池肉林の大合コン!の画像1※イメージ画像

エロ体験談『とんでもないギャルと酒池肉林の大合コン!』投稿者:アムラー男子(39歳/男性)

 俺は昔からギャルが好き。アムラーとかコギャルが全盛だったころに青春を過ごしたからだろう。

 俺がギャルと初めてちゃんと触れ合ったのは、たまたま参加したカラオケ合コンだった。

 俺は人数合わせ的な感じで途中合流。指定されたカラオケの部屋に入ると、そこはすでにパラダイス化していた。

 超ミニスカとピチピチのTシャツで、ソファーの上ではしゃぎまくっている色黒の女のコたち。俺の友達も大盛り上がりで、絵に描いたようなどんちゃん騒ぎが繰り広げられている。女のコたちは俺のことも大歓迎してくれた。

 それからほどなくして王様ゲームが始まる。王様になった女のコが最初に下した命令は、「隣の人とベロチュー」だった。

 いきなりのハードな指令に俺は戸惑ったが、隣を見ると茶髪のキレイ系女子がいて、そのコが微笑むものだから一気にテンションが上がった。

 そして濃厚なベロチュー。

 胸もかなり大きく、俺はすぐに勃起してしまった。

 その後も過激な命令が続き、合コンは大盛り上がり。そして誰かが、「部屋借りちゃおっか」とフロントに連絡して新しい部屋を追加で借りた。

 

何が起こるのだろうか…。

 

 俺も友達もドキドキしまくり。そして、ついに「やっちゃえ!」という指令が出た。

 王様に指名されたのは、友達Aと金髪ギャルの女のコ。Aはすぐに女のコと部屋を出ていった。

 それから15分ほどしてAが部屋に戻ってき、俺の顔を見るなり「やばい…」とささやいてきた。何がやばいのか…それを俺は身をもって体験することになる。

 続いての王様の命令も「隣でやっちゃえ!」で、俺が指名されることに。相手は最初にキスをした茶髪の女のコだった。

 そのコと部屋に入ると、いきなり「エッチなことする?」と言われた。

 まだ若かった俺は動揺しながらも「そうだね~」と余裕ぶって返事をする。それからキスをされながらズボンを脱がされた。

 

「フェラ、苦手だからしなくてもいい?」

 

 女のコに言われ、俺は「お、おう…」といった感じでうなずいた。

 女のコはスカートをめくって下着を脱ぎ、俺の上にまたがってくる。そして手際よくゴムをつけられ、そのまま挿入。

 

「うあ~気持ちいい~。私、おちんぽ大好き~」

 

 腰を動かしながら女のコが喘いでいる。俺の上で黒ギャルが悶えていることに不思議な感動を覚えつつ、俺はAと同じように「このコたちヤバいな」と思った。まあ、あまりにも気持ち良くてすぐにイッてしまったが。

 その後も酒池肉林の大騒ぎが続き、気がつけば朝。女のコたちは「私たち朝マックするから帰るね~」とあっさり部屋を出て行った。

 取り残された男たち。飲み食いしまくった支払いは、当然こちら持ち。しかし誰もそんなことに文句を言わなかった。ただただ、「とんでもない女のコたちがいたもんだ…」と呆然とするばかり。この出来事以来、俺はギャルの虜になったのだ。

 

【エロ体験談募集中!】
メンズサイゾーでは、あなたのエロい経験を募集しています。
投稿フォームから、どしどしご応募ください!

とんでもないギャルと酒池肉林の大合コン!の画像2

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック