注文の多いセフレ

注文の多いセフレの画像1※イメージ画像

エロ体験談『注文の多いセフレ』投稿者:27歳/男性

 少し前までセフレだった女の話。

 リナ(仮名)とはクラブで出会った。彼女はとにかく酒が好きでノリがよく、会ったその日に俺の家に来た。

 それから、会えば必ずセックスする仲に。彼女はスポーツ感覚でセックスを楽しむタイプで、ベッドの中ではとにかくアグレッシブだ。

 ある晩など、俺が仕事で疲れてるからと言って眠ろうとしても、

 

「いやいや。ムリっしょ」 

「いただきま~す!」

 

 と、アソコを咥えられた。それから、自分で自分の胸を揉みながらオナニー開始。そして、自分が濡れたところで俺と合体。リナは俺の上で腰を動かしまくり、勝手に昇天した。

 

「マジやばい…」 

「またイッちゃった」

 

 ひとりで満足したリナは、そのまま寝てしまう。俺は射精していないが、そんなことお構いなしといった感じ。

 もちろん、俺が攻めるときもあるけど、そうするとリナはいろんなことを注文してくる。

 「バックで突いて」とか「もうすぐイキそうだから、腰動かすの早くして」とか。「リナがイクまでイッちゃダメだかんね」っていうのが、ベッドの中の常套句だ。

 そして、彼女のことをイカせると、「あとは好きにして」と言わんばかりのマグロ状態。だから、こないだ「一緒にイキたい」って言ったんだけど、

 

「はあ? そんなのムリでしょ」

「AVの見すぎ。一緒にイクなんて、女の演技だから」

 

 と笑われてしまった。まあ、そうなんだろうけど…。俺は少し寂しくなって、それをリナに伝えた。すると彼女は、「そういうのは恋人同士になってからの話だから」と言ってきた。

 その言葉を聞いて、俺は思わず「恋人になろうよ」と口に出していた。

 

「バッカじゃない」

 

 そう笑うリナは、嬉しそうにも見えたんだけど…。それ以降、彼女とは会っていない。

 

【エロ体験談募集中!】
メンズサイゾーでは、あなたのエロい経験を募集しています。
投稿フォームから、どしどしご応募ください!

注文の多いセフレの画像2

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック