乃木坂46、清純派から一転の「セクシー写真集」路線が大成功…グラビアでもAKB48を追い抜く?


 その先駆けとなったのが、グループ屈指の美形といわれるエース・白石麻衣(23)の初写真集『清純な大人』(幻冬舎)。グループ初のソロ写真集として2014年末にリリースされ、先陣を切って大胆なビキニショットを披露した。このインパクトは非常に強く、2015年の「オリコン年間“本”ランキング」の女性写真集部門5位(推定売上75,860部)にランクインする大ヒットを記録している。

 さらに白石はフォトブック『MAI STYLE』(主婦の友社)が52,119部で10位に同時ランクインしており、合計売上でいえば女性部門1位のAKB48・小嶋陽菜(27)を超える数字をたたき出していた。

 続いて、同じく美形メンバーとして人気の西野七瀬(21)が昨年2月に初ソロ写真集『普段着』(幻冬舎)を発売。ビキニ姿で波打ち際ではしゃいでいる健康的なセクシーショットなどが掲載され、ファンを喜ばせた。

 もうビキニではインパクトが弱いと感じたのか、3人目のソロ写真集リリースとなった橋本奈々未(22)は同年8月にリリースした『やさしい棘』(幻冬舎)でグループ初のランジェリー姿を公開。ベッドの上でシーツ1枚だけ羽織ったような過激ショットや、ピンクの下着姿でヒップラインをあらわにしたセクシー写真に挑戦した。

 さらに、グループ随一の清純キャラとして知られる生田絵梨花(19)が今年1月に初ソロ写真集『転調』(集英社)を発売。こちらも初の白ビキニ姿などが収められており、ステージ衣装ですら露出度の高いものは着用を拒否するといわれた「超清純派」のレアすぎる水着ショットにファンが大興奮した。

 生田の写真集は初週売上3.8万部を記録。2月1日付の「オリコン週間“本”ランキング」で総合部門にあたるBOOK部門の首位を獲得し、写真集部門でもトップに立って「2冠」を達成する快挙を成し遂げた。白石、西野、橋本の3人も同写真集部門の1位になっており、もし生駒が続けば「5人連続1位」の大記録となる。

 最近はシングル売上で乃木坂46がAKB48に肉薄しているが、写真集では早くも売上が逆転しそうな気配だ。

men's Pick Up

ニュース関連トピック