グラドル自画撮り部副部長・吉田早希、アホなところにつけ込まれてエッチなお願いが断れないコ(!?)を熱演!

11.YOSHIDASAKI20150912_01_0227.jpg

 
吉田山「もう次のタイトルは、『おねがい、早希ちゃん! ありがとう、ギルドさん!!』で!」

ふじ「こんな媚びたヤツなかなかいないぞ! もう衣裳に“ありがとうギルドさん!”って書いておくといいよ(笑)」

吉田山「今回は撮影もギルドさんの社屋でさせてもらっているので、リアルなギルドの息吹を感じてください! ちなみに、上の階では別のグラドルさんがフィッティング中だったんですよ」

ふじ「まさにギルドづくしだね!」

吉田山「わたし、芸歴も結構長いので、DVDもほとんどやり尽くしちゃったんですけど、こんな感じでやらせていただけて、本当に嬉しかったんです!」

ふじ「それでもまだ他にやりたいことはある?」

吉田山「次にやるとしたら、“同棲時代”を意識した四畳半とか“コインランドリー”で撮影をしたいですね! エロくないですか?』

静まり返る会場。

ふじ「これが現実…だよ?」

吉田山「深夜のコインランドリーで下着を洗ってる毛先の濡れた女の子がいたら、もしかしたらノーブラかもしれないじゃないですか?」

 

12.YOSHIDASAKI20150912_01_0210.jpg

 
ふじ「それ見てるヤツいたら、やましい気持ち満々だよ。ちなみにどんな格好しているの?」

もはやふじも諦めたのか、話に乗っかって最後の進行をする。

吉田山「ノーブラ風タンクトップですね! 銭湯帰りの!! あとはDVDに副音声で実況を入れたいですね」

ふじ「映像より喋りの方が長くなりそう(笑)」

 吉田山こと吉田早希ちゃんの、とにかくすごい妄想パワーは楽しめたでしょうか(笑)。この後、イベントの撮影タイムでは、黒いピチピチの水着に身を包み“リアル峰不二子”になってくれた吉田山。面白キャラとは裏腹に、さすがのナイスバディでファンを魅了するのでした。これは、次の作品も楽しみだなっと。

 今回の取材にあたり快く協力してくださった、吉田山こと吉田早希ちゃんおよび所属事務所GPR様、MCシャバダバふじ氏、メーカーのギルド様、イベント会場ソフマップ様にはこの場を借りて感謝申し上げます。
(写真=ヘンディー池田/文=大八車五郎)

◆吉田早希
■オフィシャルブログ『そこに山があるから~吉田山観測日記~』はコチラ
■Twitter @yoshida_saki

【グラビアギャラリー】
※サムネイルをクリックすると拡大します。

men's Pick Up

グラビア関連トピック