ある風俗嬢の懺悔録! 芸能人になった元同僚の過去をめぐり…

ThinkstockPhotos-470436937TP.jpg※イメージ画像:Thinkstockより

 電車内の週刊誌の吊り広告を見ていると、時折、「スクープ! 女優Aはソープ嬢だった!」とか「アイドルBのデリヘル勤務発覚!」といった見出しが躍ることがある。風俗に関わっている者としては「風俗で働いていたことって、そんなに騒ぐことか?」と思ってしまうが…。そして、不思議なのは、その情報の出どころである。

 たとえば、若いタレントがここ数年の間に在籍していたとする。店のホームページだけではなく、風俗検索サイトにプロフィールを載せていたら、このネット時代、どこかしらに証拠として残ってしまう。しかし、現在、40代前後の女性タレントの“若い頃の”風俗勤務の噂に関しては、その当時にはホームページはないだろうし、情報誌に掲載されたとしても20年前の雑誌を保管している人は稀だろう。それで疑われても、顔出しの有無を問わず「違う」と言い張るか、無視していればスルーできることだ。だからこそ、そのような噂が出るのが不思議に思えるのである。
 
 
 
「アタシの時は…その人の事務所の人間が“消しに来た”んだよね…」
 
 
 
 そう話してくれたのは、アキコさん(仮名)。彼女は現在43歳で、四国某所のソープランドで働いている。筆者とは10年ほど前に彼女が勤務していた店の取材で知り合った。今はメールで年始の挨拶を交わす程度だが、それでも、数年に一度、四国を訪れた際には飲みに行ったりするほど懇意にしてもらっている。

 アキコさんが風俗業界に入ったのは、19歳の時のこと。かれこれ四半世紀近くを風俗嬢として生きていることになる。ピンサロ、ヘルス、ソープと、ほぼ全ジャンルの風俗を経験。そして、日本各地の風俗街を転々としてきた。もちろん、それにはワケがある…。

 それは7年前、彼女が四国に渡って間もない頃のことだ。筆者と彼女は小さな居酒屋で呑んでいた。そのお店にはテレビが置いてあったのだが、そこにある女性タレントが映っていた。その人は昔から「元風俗嬢だったのでは?」という疑惑がある人物だったが、当然ながら決定的な証拠はなく、もはや都市伝説のように語られていた。

 「この人も(元)風俗嬢の噂が絶えないよね~」という感じで筆者が軽口を叩くと、アキコさんは「噂、なのかな? 火のないところに…っていうけど?」と意味深な笑みを浮かべた。お互いに酩酊していたので、最初は「?」と思ったが…。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 4コマグラビア
  2. 所沢ショーイチ
  3. ドスケベ女の性事情
  4. 元デリヘル店長の回想録
  5. トコショー
  6. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  7. 風俗体験談
  8. 世界一周エロ旅
  9. ヘンリー塚本
  10. 唯井まひろ
  11. セフレとのエッチ

men's最新記事