激安ソープの内情は? 風俗における料金二極化

0424awaburo_fla.jpg※イメージ画像:Thinkstockより

 

激安ソープの内情は?


 ここ最近の風俗は価格設定が二極化の一途を辿っている。それは超高級店か激安店かということであり、風俗ユーザーならばご存じだと思われる。しかし、こと風俗に興味の無い方は意外に思うようだ。とくに激安店の存在に…。

 そのキッカケになったのは、今年2015年初頭に激安デリヘルグループが摘発されたことだ。こぞって報道された内容は核心と共に「3900円の風俗」ということに焦点が当てられた。

 この事件で、「風俗って、そんなに安いの?」という感想を持った人は少なくないだろう。もちろん、摘発された店(グループ)は一例であり、そのテの激安店は多々ある。逆に現役AV女優やモデルが在籍していることを売りにした、120分で10万円というデリヘルもある。そして、驚くことに、この高級店にも客が絶えないのだという。それゆえに、二極化が加速していくことになる。

 さて、“風俗の王様”といえばソープランドだろう。サービス内容がサービス内容なだけに高額。よって、“敷居が高い”というイメージがあるのではないだろうか。しかし、このソープランド業界でも価格の二極化が進んでいる。

「吉原でも激安店だと総額7,000円という店もあります。しかも数軒」(某風俗記者談)

 吉原で、ソープランドで、7,000円? 「さすがに安過ぎないか?」と、人間はワガママな生き物なので、安けりゃ安いで不安になるものである。ならば、ということで、私はそのうちの一軒である『A』というソープランドに潜入を試みた。

 総額7,000円というカラクリは受付でスグに分かった。時間が短いのだ。40分である。

「お風呂や帰り支度の時間も含まれていますし、慌しいのであまりお勧めできません」

 受付のスタッフは面倒くさそうにそう言った。察するに、あまり利用してほしくない感じだ。なので、他のコースを勧めてくる。「だったら、そういうコースを設置するなよ!」と思いつつ、40分7,000円コースを選ぶ。

 泡姫のルックスは悪くはない。しかし、筆者の衣服を脱がせながら「本当に短い時間なんですけど大丈夫?」的に話しかけてくる。なんだか、その言葉の裏には「このコースじゃ稼げないのよ!」という本音が隠れているように思えてくる…。

 しかし、ソープランドの目的はプレイである。もっと言ってしまえばアレである。結論から書くと、当然のことながらアレはできた。でも、シャワーでカラダを軽く洗った程度でマットは無し。当然、潜望鏡も無し。スグにベッドで軽く全身リップをされてフィニッシュへ。

 あまりにも呆気なく、ソープランドならではの風情も無い。感想としては「シャワー付きのちょ○の間か!」だった。正直、切なさだけが残る展開だった旨を前出の風俗記者に伝えると…。

「だったら、『B』をお勧めします」

 ならばと、懲りずに突入する筆者。なんでも値段も時間も変わらないが、まず、受付からして「ありがとうございます。短い時間ではございますが存分にお楽しみください」とニッコリ。さらに、泡姫も「短い分、濃厚にサービスしちゃうわよ」とニッコリ。しかも、フィニッシュは1回のみだが、マットかベッドを選ぶことができた。

 結果、マットを選び、40分で最初から最後まではギリギリだったが、本当に濃厚なプレイだったし、ソープランドのそれで満足してもらおうという店側の熱意と好意が伝わってきた。「この内容で、40分で7,000円とは激安!」そんな感激があった。なによりも「今度は長いコースで!」と思ったものである。

 結論としては、激安ソープの中でも二極化しているということ。激安を謳うソープランドにも名店はあるし、それを探すことも風俗の醍醐味ではないだろうか?
(文=子門仁)

men's Pick Up

風俗関連トピック