Kカップ爆乳“イラン人”コスプレイヤー現る! ビジュアルインパクトも胸もデカい謎の美女【痛子(いたこ)】の正体とは…

0415itako_05.jpg※画像:『痛子 レイヤー製作委員会』(スパイスビジュアル)より

 
――一夫多妻制があるとも聞きました。

痛子:そうですね。従兄弟は奥さんが5人いるんですけど、「旦那さんを取りあってケンカにならないの?」って聞いたら、逆に相手をしたくないから、毎晩じゃんけんしているみたいですね。負けた子が行くみたいですよ(笑)。

――奥さんをたくさん養うのは男として理想郷のような感じですが、経済的にはたいへんそうですね

痛子:たいへんだと思いますよ。一夫多妻の人はごく一部の富裕層。一割未満じゃないですか? 貧富の差は中国並みに激しいと思いますよ。

――DVDのほうに話を戻しますが、イスラム圏にずっといて抵抗なかったですか、ここまで露出するのは。

痛子:特にはなかったですね。このくらい胸が大きいと、逆に露出への抵抗って薄れるんです。今回のDVDが商業向けの初めての作品なんですが、はじめにこのお話をうかがった時にも、内容のこととか何も考えていなくて、普通にコスプレできるのが嬉しいなって思ってこのお仕事を受けたんです。

 プロデューサーさんに、いろんなアイドルのDVDを見せていただいて、「どこまでできる?」って聞かれたので、「肝心なところが見えなければ、だいたい大丈夫です」って返事しました(笑)。両親には電話で話しました。お母さんは大丈夫だったんですが、お父さんが心配しちゃって…。お母さんは「お父さんには見せないかも」って言っていました(笑)。

――シャワーで胸を揺らしてジャンプするシーンや壁を巨乳で延々と突っついているとか、いろいろな意味で、圧倒的な肉感ボディを堪能できる衝撃シーンの連続でした。

痛子:わたし自身はシュールだなって思いました(笑)。 エロエロなのはわかるけど、まったく意味不明なシーンもあって、最初は戸惑いました。屈伸とか(笑)。 あと、こういうのって、基本スローモーションのような感じでゆっくり動いて撮るんですよ。それもすごく不思議な感じで…。

――いやいやいや、スローモーションは重要ですよ! なんてったってKカップですからね。そんじょそこらの揺れとは違うわけですから、ゆっくりじっくり観たいというのが男心というものです(笑)。

痛子:そんなもんなんですね~。エロエロなことは間違いないので、そこは自信がありますけどね(笑)。

――最後に今後の活動について教えてください。

痛子:どういう活動をしていきたいかは、自分でもまだ模索中なんです。正直、決めあぐねているといいますか…。でも、機会があれば、今後は写真だけじゃなくて、バラエティ番組など、テレビの世界も覗いてみたいですね。チャンスを与えていただければですが。もちろん、テレビに限らず、お声がけいただき、やると決まったらどんな仕事でも結果は出したいと思っています。
(取材・文=名鹿祥史)

0415itako_02.jpg※画像:『痛子 レイヤー製作委員会』(スパイスビジュアル)より

【イベント情報】
日程:5月9日 16:00から
場所:ソフマップアミューズメント館8F
出演:痛子、えみかLこりん

men's Pick Up

インタビュー関連トピック