メンズサイゾー >  AV >  レズ >  ロリ系美少女がレズ初挑戦!

AV

身長149センチ、ショートカットロリ系美少女・成海うるみがレズ初挑戦! ド緊張のハズが相手をイカせまくり!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

トコショー流! 思わずジャケ買い!! エロ過ぎるAVパッケージの世界・第90回
■過去のレビューはコチラ

 
 身長わずか149センチでショートカットなロリ系美少女の成海うるみ(なるみ・うるみ)チャン。2014年3月にAVデビューするや、その幼い容姿とは真逆の淫乱さを見せつけて数多くのファンを獲得することに成功。今や押しも押されぬ立派な人気AV女優となっている。

 そんなうるみチャンが、ついに「レズ」ものに初挑戦するというのだから見逃すワケにはいかない。ということで今回筆者トコショーが紹介するのがこちらの『成海うるみレズ解禁!!! Brilliant Time 成海うるみ×阿部乃みく』だ。

 撮影前のインタビューで、ガチガチに緊張しているうるみチャン。本人曰く、「(初めてのレズものなので)デビュー作を撮影した時と同じくらい緊張している」とのこと。未知の領域への挑戦ということで、袋小路に追い詰められた小動物のようにオドオドしているのが手に取るように伝わってくる。
 
 
 
 
 かーッ、たまんねぇな、おいっ!
 
 
 
 
 うるみチャンのそんな様子を見ているだけで抜いてしまいそうになるトコショーなのであった。

 そうこうしている内に初レズのお相手である阿部乃みく(あべの・みく)チャンが登場。ちなみに年齢はうるみチャンのほうが4カ月ほど先に生まれただけの同じ歳である。うるみチャンはどちらかというと内向的な性格だが、お相手のみくチャンは物怖じしない社交的な性格だといえよう。対照的な性格だからこそこれからの展開がますます期待できそうだ。

 うるみチャンと違ってみくチャンは何本ものレズものに出演経験があるので、あまり緊張していない様子だ。それゆえ、自然な流れでみくチャンがリードする形となってカラミが始まっていく。

 当然みくチャンがタチ(攻め役)で、うるみチャンがネコ(受け役)だ。緊張で瞳をウルウルさせながらキスを受け入れるうるみチャン。そんなうるみチャンを見て、みくチャンが「幸せぇ」と感想を漏らす。

 うんうんうん、みくチャンのその気持ちはよく分かるなぁ。こんな美少女の初めての相手となれるのだから多幸感は半端ないだろう。

 手慣れた愛撫でうるみチャンを攻めていくみくチャン。レズもの特有の甘酸っぱい匂いがこちらの鼻腔にまで漂ってくるかのような甘く切ない愛撫である。そんな愛撫であっさり頂点に達してしまううるみチャンなのであった。

 そして攻守交代! 今度はうるみチャンがみくチャンを攻める番だ。見よう見真似でみくチャンを愛撫していくのである。
 
 
 
 
 あれ? なんか変だ。
 
 
 
 
 筆者トコショー、レズものは大好きなので公私問わず鑑賞しまくっている。そしてレズものを鑑賞している時にいつも思うのは「ま、混ざりたい!」の一言だ。しかし、この『成海うるみレズ解禁!!! Brilliant Time 成海うるみ×阿部乃みく』ではそんな感情が一切湧いてこないのである。「混ざりたい」ではなく「みくチャンになりたい!」という思いのほうが遥かに強かったのだ。というのも、ここまでの流れでみくチャンに感情移入しまくっていたせいだろう。

 その後、ドラマ仕立てのレズカラミを2回ほどこなし、ラストにまた素の状態でのレズカラミとなる。すでに3回ものカラミをこなしているのでうるみチャンもかなり慣れてきた様子。そして、みくチャンに負けじと攻めまくってイカせまくっているのだった。

 見ている限りではうるみチャンのイった回数よりもみくチャンのイった回数のほうがずっと多かったようだ。今回がとても初レズとは思えないくらい感じまくり、なおかつイカせまくりだったうるみチャン。もしかしたら最初から素質があったのかもしれない。コレをきっかけにして今後のレズもの出演に拍車がかかるかも?
(文=所沢ショーイチ)


『成海うるみ エスワン8時間コンプリートBEST』


美女同士のカラミは大好物デス!!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週