『サンジャポ』田中みな実の後任アナ・吉田明世、触れてほしくない過去とは?

 今月限りでTBSを退社してフリーになる田中みな実(27)が28日、進行アシスタントを務めていたレギュラー番組『サンデー・ジャポン』を卒業した。番組ラストで司会の爆笑問題・太田光(49)から「(同性から)嫌われたり、20歳そこそこの女の子にはきつかったと思うよ。それを明るくはね返してた」と、ねぎらいの言葉をかけられると、彼女は「ありがとうございました。本当に嫌われてたんで…」と涙をこぼした。

 田中みな実の後任には2期後輩で入社4年目の若手、吉田明世(26)が就任することが決まっている。吉田は2007年に成城大学でミスキャンパスに出場し優勝し、日替わりで素人美女の写真をカレンダー表示するWEBサービス『美女暦』などにも登場しており、既に一部ではその美貌が話題となっていた。その後、2011年4月にTBSに入社し、同期の女性アナウンサー古谷有美(26)などと一緒に世間に認知されていくことになる。

 吉田明世は現在、『いっぷく!』、『駆け込みドクター! 運命を変える健康診断』、『林先生の痛快! 生きざま大辞典』、『トコトン掘り下げ隊! 生き物にサンキュー!!』と、TBSでは最もテレビ出演頻度が高い女性アナ。しかし、癖のある出演者揃いの人気番組『サンデー・ジャポン』への抜擢を不安視しているテレビ関係者もいるという。自身のブログでは道で人によくぶつかったり、エスカレーターでこけたりなど、ドジなエピソードを披露し、社内でも「10年に1度のド天然」と言われるほどなのだが、あながち冗談ではなく、そのド天然さが彼女にとってはウィークポイントになっているようだ…。

 まずはアナウンサーの基本である原稿を読むのが下手であること。2012年10月から2013年9月までラジオパーソナリティを務めた『プレシャスサンデー』(TBSラジオ)では原稿の読み間違いを連発。某SNSの“TBSラジオコミュニティ”では生放送後にリスナーから「吉田アナはあまりにも原稿を読むのが下手過ぎ。経験年数では無く、素質が無いように思う」「吉田明世アナは本当に酷過ぎる。原稿を読むのは下手だし、今日は“広東”を“こうとう”と読むし。パーソナリティを早急に代えて欲しいです」などと手厳しいコメントが書き込まれていた。

「吉田さんは、入社当初は報道とバラエティを掛け持ちさせられてきましたが、報道は評判が悪かったんでしょうね。今年に入ってからはバラエティ路線に進まされるというウワサがあります」(テレビ関係者)

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. ドスケベ女の性事情
  2. 風俗体験談
  3. 所沢ショーイチ
  4. パンチラ連載
  5. 世界一周エロ旅
  6. 元デリヘル店長の回想録
  7. トコショー
  8. セフレとのエッチ
  9. 初体験の思い出
  10. 茅原まおみ
  11. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート

men's最新記事