【ネットナンパ】セックスレスに悩む人妻と寝バックでベロチュー昇天

【本記事にはアフィリエイト広告が含まれます】

【ネットナンパ】セックスレスに悩む人妻と寝バックでキスしながら昇天!!の画像1
Illustrate by ながおか

 昨年の12月中旬のこと。筆者愛用の出会い系サイト【PC★MAX】https://pcmax.jp/)経由で1通のメールが届いた。


———————–
お久しぶりです。
1か月ちょっと前に会っていただいたみいなです。

急なお誘いになってしまうのですが、明日また会ってもらえませんか?
———————–


 このメールの送り主はセックスレスに悩んでいた人妻のみいなチャン。

 その時の模様は既に当コラムで紹介済だ。

【本記事にはアフィリエイト広告が含まれます】 トコショーとマン汁の味が変化する人妻  “結婚したら家族になっちゃうからそういう風に見られない”、“子育てに忙しくてそれどころじゃない”、などと自分に言い聞かせて夫婦間でのセ

 彼女とはメールアドレスやLINEのIDを交換していなかったので、【PC★MAX】https://pcmax.jp/)を介して連絡してきた形だ。

 出会い系サイト遊びで年間100人近くの女性と遊んでいる筆者だが、このみいなチャンのことはよく覚えていた。

 見た目がモロ好みだったし、筆者の愛撫でイキまくっていたからだ。

 幸いにも翌日の予定はなかったので、すぐにOKの返事を出す。

 そして、前回同様お昼の13時に新宿で待ち合わせすることになった。

 約1か月ぶりの再会を果たし、ホテルに直行。

 途中のコンビニで購入してきたお茶を飲みながらおしゃべり。

 

「また誘ってもらえて嬉しいよ」

「こ、こちらこそ急に誘っちゃって迷惑じゃなかったですか?」

「そんなことないよ。再会できるのが楽しみすぎて昨夜はなかなか寝付けなかったんだ」

「あ、ありがとうございます。う、嬉しいです」

 

 頬を染めて照れ臭そうにするみいなチャン。

 

「あれからも旦那さんとはセックスしてないの?」

「な、ないです、ないです。たぶんこれから先もずっと」

「それだと、みいなチャンの性欲の行き場がないんじゃない?」

「は、はい」

「でも安心して。これから先も、俺に声をかけてくれればいつでも時間を作るからね」

「ほ、本当ですか?」

「うん! 時間の融通が利く仕事をしているから、平日でも祭日でも喜んで駆け付けるからね」

「ど、どうしてそこまでしてくれるんですか?」

「うーん、俺の勝手な気持ちなんだけど、俺たちってセックスの相性がいいと思うんだ。だから何回も何回もみいなチャンと愛し合いたいんだ」

「わ、私もです。これからもショーイチさんと会いたいです」

「ありがとう。凄く嬉しいよ」

「お、お礼を言うのはこちらのほうです」

「あ! でも【PC★MAX】https://pcmax.jp/)経由のメールだと気付くのに遅れることがあるんだ。だから、もし良かったら連絡先を交換しない?」

「はい! LINEでいいですか?」

「もちろんだよ」

 

 こうしてエッチの前にLINEのIDを交換する。

 その後、しばらく下ネタの話をしてからシャワーを浴び、ベッドインすることに。

 

「ね、みいなチャン。何かリクエストはないかな?」

「え?」

「みいなチャンの望むことならなんでもシてあげるよ。だから遠慮しないで教えてくれる?」

「ま、前みたいにたくさんイジってほしいです」

 

 ここで「どこをイジってほしいの?」と問うのは野暮というものだ。

 

「うん。たくさん愛情を込めてイジったり舐めたりするね」

「は、はい」

 

 濃厚なディープキスを交わし、彼女のCカップおっぱいを丹念に愛撫する。

 すぐにアヘ声をあげ始めるみいなチャン。前回は緊張のせいでエンジンがなかなか温まらなかったが、今回は違ったようだ。

 そんなオッパイ愛撫の最中、ずっと腰をもじもじさせていたみいなチャン。これは早くマンコをイジってくれという意志表示に他なるまい。

 焦らし過ぎるのは逆効果だと判断し、クンニの体勢に移行。

 クリトリスを舐めたり、膣口に舌を挿入したりと、彼女の愛液を堪能する。

 そして指入れ前にあっさりイッてしまうみいなチャン。

 しばし余韻を味わってもらう。その後、指入れでさらなるエクスタシーに達してもらうつもりだった。

 しかし、突然みいなチャンが上体を起こし、筆者の頭部を抱きかかえ激しいディープキスを仕掛けてきた。

 

クックック! 感極まってマン汁まみれの筆者の口にキスしてくるとは!!

 

 こちらのクンニの虜になってしまったのだろう。そう確信した筆者は心の中でほくそ笑む。

 ふたりの口が離れると、間髪入れずにみいなチャンが告げてきた。

【本記事にはアフィリエイト広告も含みます】 貯金ナシ、人望ナシ、彼女ナシ! でも出会い系ならセフレが作れる! 理想のセフレ女 上品な見た目とは裏腹にいきなり淫乱になり男を喜ばせたくて相手の性癖に応えまくり女のくせして絶倫

「わ、私にも舐めさせてください」

「え? まだまだ舐めたりないよ」

「でも、前回一度も舐めさせてもらってないので、今日はたくさん舐めたいんです!」

 

 鬼気迫る表情のみいなチャン。あらかじめそう決意していたのだろう。だったらこれ以上抗うのは失礼というものだ。

 素直に仰向けになり、身を彼女に任せる。

 

「痛かったら教えてくださいね」

「うん。でも俺ってイキやすい体質だから出来るだけゆっくり舐めてね」

「はい♪」

 

 いきなりキンタマを舐めてくるみいなチャン。くすぐったさが勝ってしまったが、彼女の好意に水を差すわけにはいかない。

 お次は竿を舐め始める。唾液たっぷりの舌で竿を舐めてくるので実に気持ちいい。

 その後もキンタマと竿を交互に舐めるみいなチャン。なかなか亀頭を攻めてくれないので、身もだえしてしまう。

 そんなフェラが10分近く続き、ついに耐えられなくなってしまった。

 

「ね、みいなチャン。先っぽも舐めてくれる?」

「は、はい。歯が当たったら教えてくださいね」

 

 素直に亀頭を咥えるみいなチャン。しかし、恐る恐るといった感じで感触はイマイチ。

 どうやら咥えながら舐めるという行為に慣れていないのだろう。そこであれこれ指示を出しフェラチオを指南。

 しばらくするとこちら好みのフェラとなる。

 

「うん、上手になったよ。そのままゆっくり舐めまわしてね」

「はい」

 

 そのまま10分近くシャブってもらったところで再び声をかける。

 

「大丈夫? アゴが疲れたんじゃない?」

「ぜ、全然平気です。ショーイチさん、気持ちいいですか?」

「うん! このまま何時間でも舐めてもらいたいくらい気持ちいいよ」

「フフ、良かったぁ」

「でも、俺もまたみいなチャンのマンコ舐めたいな」

「え?」

「このままシックスナインでふたり同時に舐めっこしようよ」

「は、はい」

 

 筆者が仰向け状態のままシックスナインが始まった。

 みいなチャンのマンコは先ほどクンニしていた時よりズブ濡れ状態だった。フェラしている間もずっとマン汁を垂れ流していたのだろう。

 そのマンコに顔面を埋め、深呼吸しながらクリトリスや膣穴を舐めまくる。

 10分以上シックスナインしたところで声をかける。

 

「もっともっと舐めていたいけど、そろそろ入れようか?」

「え?」

「帰りの時間に間に合わなくなったら大変でしょ?」

「そ、そうですね」

 

 相手が独身女性だったら文字通り一晩中舐めっこしていたかった。しかし帰宅時間が定められている人妻相手に超ロングプレイはできない。

 コンドームを装着しながら問うてみる。

 

「今日はどの体位でしたい? みいなチャンの希望を聞かせてほしいな」

「そ、それじゃあ後ろからしてみたいです」

「うん、了解。それじゃあ四つん這いになって」

 

 プリプリしたお尻を鷲掴みにしながら愚息をゆっくり挿入。

 時間をかけ根元まで挿入したところで、まずは挨拶代わりのチンピク攻撃。

 チンコの動きに合わせ、アンアンと鳴き始めるみいなチャン。

 その鳴き声に合わせ、マンコの内部がわずかに震える。

 

はぁぁぁ、気ん持ぢエエなぁぁぁぁぁぁ…

 

 目を瞑りマンコの感触に酔いしれる筆者。

 すると、みいなチャンが身体を前後に揺すってピストン運動を開始してきたではないか!

 

「だ、駄目だよ、みいなチャン」

「え?」

「そんな風に動かれたら我慢できずにすぐ出ちゃうよ」

「はい。たくさん出してください」

「だ、駄目だって。1秒でも長くこのマンコの中に入れていたいんだ。ね?」

「わ、分かりました」

 

 再びチンピク攻撃を開始。しかし、みいなチャンがまた前後に腰を動かし始めてきた。

 

「ほ、本当駄目だよ。すぐに終わっちゃったら、みいなチャンも嫌でしょ?」

「で、でも、腰が勝手に動いちゃうんです」

 

くーっ、コイツ本当に可愛いなぁ!! こういう女、本当に大好きだ!!

 

 彼女の望むようにさせてあげたかったが、早漏体質の筆者なのでそれは叶わない。ここで体位の変更を行うことに。

【本記事にはアフィリエイト広告も含みます】 貯金ナシ、人望ナシ、彼女ナシ! でも出会い系ならセフレが作れる! 理想のセフレ女 上品な見た目とは裏腹にいきなり淫乱になり男を喜ばせたくて相手の性癖に応えまくり女のくせして絶倫

「このままチンチン入れたままにしておくから、ゆっくりうつ伏せになって」

「は、はい」

「ゆっくり、少しずつだよ」

 

 無事、チンコを入れたままうつ伏せバックに移行できた。

 

「さっきと違う角度になったけど、痛くない?」

「だ、大丈夫です」

「それじゃあ少しずつ動くね。でも、痛い角度があったら教えてね」

「はい」

 

 彼女のケツ肉を揉みしだきながらゆっくりピストンを開始。上から彼女の腰を抑えつけている恰好なので、不意の動きで射精させられることは避けられそうだ。

 小刻みにピストンしていると、彼女のアヘ声がどんどん大きくなってきた。

 

「シ、ショーイチさん」

「わ、私、イキそうです」

「うん。好きな時にイッていいんだよ」

「お、お願いがあります」

「ん? なんでも言ってみて」

「き、キスしながらイキたいです!」


キュン!!

 

 彼女の言葉で「好き」のレベルが一気に数ランクほどアップしてしまった。

 

キュルルルルルン!!

 

 同時に精巣がフル回転。ザーメンが今にも吹き出しそうになる。

 上からガバっと彼女を抱きしめ、横を向いたみいなチャンとキスをする。

 そのまま無茶苦茶なリズムで腰を加速させる。

 

ふぅ。

 

 射精後も腰を振っていると、数秒遅れでみいなチャンがエクスタシーに達した。

 それに乗じる形で「俺もイクよ」と告げ、射精したことをアピール。

 しばし余韻を味わってからチンコを引き抜き、後処理を行う。

 そのままベッドに寝転がり、感想を伝えあうことに。

 

「ありがとう、みいなチャン。前回も気持ち良かったけど、今日はその何倍も気持ち良かったよ」

「わ、私もです」

「これから先、エッチするたびにもっと気持ち良くなれそうだね」

「え?」

「さっきも言ったけど、もしみいなチャンさえ良かったら、これからもこうやって会いたいな」

「ほ、本当にまた会ってくれるんですか?」

「うん。ここで嘘をつく意味なんてないよ」

「う、嬉しいです」

「本当に平日でも祭日でも構わないから気楽に連絡してね」

「は、はい!」

「でも、俺のほうからは連絡するのを出来るだけ控えるね」

「え?」

「ほら、もし旦那さんとかに見られたらまずいでしょ?」

「そ、そうですね」

「一応俺のLINEの名前を女性の名前に変えておいたほうがいいと思うよ」

「女性の名前ですか?」

「うん。“ショーコ”とかにしておけば、女友達ってことにしておけるでしょ」

「あ、それいいですね」

「名前の変更の仕方は分かるかな?」

「やったことないから分からないかも」

「じゃあ、後で教えてあげるね」

「はい♪」

 

 その後まったりとした雰囲気の中で帰り支度を行い、ホテルを出る。そして駅の改札口まで彼女を送りデート終了。

 この調子でいけば、定期的にタダマンできる女性がまたひとり増えることになりそうだ。

 みいなチャンは29歳なので、この関係を20年ほど続けることができれば生ハメ中出しし放題の関係になれるかも?

 その日を夢見て精進したいものである。

(文=所沢ショーイチ)

【本記事にはアフィリエイト広告も含みます】 貯金ナシ、人望ナシ、彼女ナシ! でも出会い系ならセフレが作れる! 理想のセフレ女 上品な見た目とは裏腹にいきなり淫乱になり男を喜ばせたくて相手の性癖に応えまくり女のくせして絶倫

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック