意味わからんけど最高すぎるYMO『君に、胸キュン。』|架乃ゆら昭和コラム「美徳のゆらめき」

昭和大好きAV女優・架乃ゆら連載コラム第8弾

 エロVシネマとして撮影された架乃ゆらちゃん主演作品『欲しがり奈々ちゃん ~ひとくち、ちょうだい~』(城定秀夫監督)が、東京・東中野のポレポレ東中野ほか全国順次公開が決定し、ますます勢いに乗るゆらちゃん!

 いまやAVはもちろん様々なメディアで引っ張りだこのゆらちゃんの活躍は嬉しいものです。そんなゆらちゃんに“胸キュン”なのですが、ご自身は伝説のグループであるYMOの『君に、胸キュン。』のMVにキュンキュンしております。

 世界的に有名なYMOもゆらちゃんの独自の視点にかかれば、どんな音楽評論家よりも新しい見解が発見されるのです!

 今回はYMOの『君に、胸キュン。』を深掘りしてくれました!

架乃ゆら昭和コラム「美徳のゆらめき#8」

意味わからんけど最高すぎる『君に、胸キュン。』|架乃ゆら昭和コラム「美徳のゆらめき」の画像1
架乃ゆら

 メンズサイゾーをご覧のみなさんこんにちは! S1専属の架乃ゆらです。

 世の中は日々たくさんの事件事故が発生し、さまざまなニュースが飛び交っています。

 しかし、近頃の一番の大ニュースといえば一つしかありません!

 そうですね。YMOの『君に、胸キュン。』のMVがソニーミュージックの公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/watch?v=24bRSUeITXc)から投稿されたということですね!

 

 しかもただのMVではなく、なんとフルHDリマスター化されています! どうして…。

 というわけで今回は『君に、胸キュン。』について語っていこうと思います。

 『君に、胸キュン。』といえば1983年3月にリリースされたYMOの7枚目のシングル曲。みなさんご存知の通りYMOとは細野晴臣さん、坂本龍一さん、高橋幸宏さんという日本、いや世界トップの音楽の才能を持った孤高の天才たちにより結成され、日本にテクノポップブームを巻き起こすなど、文化面において多大な影響を与えたスーパーユニットです。

 『RYDEEN』や『TECHNOPOLIS』などに代表されるスタイリッシュかつ、血の通っていない冷徹な冷たさを感じさせるのは、なんだかゲーム音楽と結びつけてしまいます。

 クラスの大半がアイドルやバンドに夢中の中、したり顔でYMOを聴くのはさぞかし気分が良かっただろうと思います。

 そんな俺たちのYMO、カッコよくてセンスがある痺れるYMOが新曲として『君に、胸キュン。』をリリースした翌日はクラスの隅っこでかっこつけてYMOを聴いていた男子は一体どんな面で登校したのでしょうか。

 開幕早々おじさん3人の嬉しくないコーラスで「きゅん(ハート)」ですよ。これがあのカッコよくて、センスもあって、イケていて、時代の最先端で痺れる俺たちの俺たちのYMOなのか~!? とテクノカット男子の精神は大きく揺らいだことでしょう。

意味わからんけど最高すぎる『君に、胸キュン。』|架乃ゆら昭和コラム「美徳のゆらめき」の画像2

 そして、作詞はかつて細野晴臣さんが「はっぴいえんど」で一緒だった松本隆さんです。もうこのメンツだけで笑ってしまう。めちゃくちゃすごくて才能のあるおじさんたちが意味わからん曲を作ってしまいました。最高!

 わたしは男性が女性の気持ちを歌ったり、その逆で女性が男性の気持ちを歌ったりする楽曲がなんだかセクシーかつ魅力的でツボなのですが、『君に、胸キュン。』はしっかりおじさんがおじさんの気持ちを歌っています。

 歌声もイケボというよりはしっかりとした“おじボ”です。爽やかな曲調とは裏腹なおじさんのネチョネチョした恋心を彷彿としてしまいますね…。

 しかも、やはり松本隆さんなので、要所要所にオシャレワードが挟み込まれています。伊太利亜の映画って具体的になんだかわからんがとにかくオシャレだ!! なぜ印画紙なんだ!! わからんがとにかくオシャレだ!! なんか知らんが名曲っぽいぞ!! と聴く者全て脳が麻痺してしまい、オリコンチャートではなんと最高順位が2位!

 一度聴いたが最後、おじさんのキュン(ハート)とともにキャッチーなメロディーが耳から頭から離れず、気づけば何度も再生してしまうのは電波ソングにも似ているように思います。

 前回のコラムでも昭和歌謡は電波ソングに通ずるものがあると書きましたが、『君に、胸キュン。』も近いものがありますよね?

昭和大好きAV女優・架乃ゆら連載コラム第7弾  最近はパーソナルジムに足しげく通い、お尻を中心に鍛えている架乃ゆらちゃん。ベビーフェイスの下にマッチョな鎧を身にまとう日がやって来るのか非常に楽しみです!  今回、ゆらちゃんが選んだのは、いまや江口寿史夫人と言った方が分かりやすい水谷麻里ちゃんのデビュー曲『21世紀まで愛して』。デビュー2曲目の『地上に降りた天使』は映画やCMのタイアップ曲となり覚えている人も多いかと思われるが、ゆらちゃんが紹介するデビュー曲は意外と知られていないのだ。  そんな隠れた名曲を深海40メートルを息継ぎなしで泳ぐ架乃ゆら文体で熱く語ってくれた。 架乃ゆら昭和コラム「美徳のゆらめき#7」  メンズサイゾーをご覧のみなさんこんにちは! S1専属の架乃ゆらです。  うだるような暑さが続いたかと思えば梅雨に逆戻りしたかのように雨が降り、そして肌寒い日々が続いていますね。  例年わたしは夏でも常に一枚羽織ものを着用していたのですが、今年はトレーニングを始めたこともあり身体に自信がついたのかは分かりませんが、思い切ってノースリーブやら体のラインが出る服やらをよく着ています。  ですが、急に気温が下がり20度前後になってしまったので、再び羽織ものを引っ張り出して着ているのですがやはり落ち着きますね。わたしは特段小柄というわけではないのですが、やはり小さな体にそぐわないシルエットの洋服を着るとかわいいので好きです。自分で自分のことをかわいいと評価するのは少し気が乗らないのですが、実際、女の子が一回りくらいサイズの大きな服を着るとかわいい…ですよね?  今回、お話する昭和歌謡曲は水谷麻里さんの『21世紀まで愛して』です! 水谷麻里『21世紀まで愛して』は電波ソングのはしり!?  1986年3月にリリースされた水谷麻里さんのデビュー曲で、作詞・作曲はわたしの大好きな松本隆さん・筒美京平さんコンビです。  この楽曲を一言で表すならば最強のほっこり系! 水谷麻里さんの優しそうなほわっとしたビジュアルから生まれるふわふわとして綿菓子のような歌声、松本隆さん作詞のほっとするような親近感を感じさせる愛の歌詞に、筒美京平さんの近未来的なかわいいメロディーがすべて合体し、ふわっとほわっと、誰も傷つけないやさしい世界が完成されています。  歌詞中たびたび登場する「カラフル・ビーム」や「タイム・マシン」などのカタカナ語が弾むようにかわいく、近未来的な雰囲気を散りばめています。その一方で描かれているのは少女のみずみずしい恋愛模様で、どこかロボティックなイメージの楽曲とのギャップが最高です。  最近、私はいわゆる電波ソングにハマっており、2000年代のアニソンやゲーム主題歌などにみてとれる、秋葉原での熱狂的かつ局地的なオタク文化の香りがするものを好んで聴いています。  やたらアニメ声で早口だったり、耳から離れないキャッチーすぎるメロディーや、歌っていることといえば親の前ではとうてい歌えないような下ネタや、理解不能な文言だったりするのですが、その全てがかわいく、まるで隠れキリシタンのように、知っている者同士は熱く語り合い同じフレーズを歌うことができるのです。  少し話が逸れましたが、『21世紀まで愛して』にも電波ソングと同じ香りがします。もはや電波ソングのはしり、元祖なのではないでしょうか? 「いやいや、あの松本隆が電波ソングなんて手がけるわけないだろ!」との声が聞こえてきそうですが、平成を代表するアニメマクロスFの人気曲『星間飛行』の作詞は松本隆さんです。 『星間飛行』は電波ソングとは違うかもしれませんが、その世代のオタクなら必ず知っている、オタクの国歌と言っても過言ではないほどの名曲です。  そんな名曲の作詞を担当した松本隆さんが20年も前に、この『21世紀まで愛して』を作っていたのは意外というべきか、当然というべきか…。  1980年代前後はYMOからテクノブームが巻き起こり、アイドル歌謡曲も例外でなくテクノポップ調な楽曲がたくさん生まれました。 『21世紀まで愛して』はそんなテクノブームの最中に生まれた楽曲の一つに過ぎないのかもしれませんが、水谷麻里さんの優しそうな雰囲気、アイドル激戦時代にデビューしたのを考えると、ここからはわたしの妄想なのですが誰とも競争せず、誰とも被らず、唯一無二的な、しかし、ほっこりとしたイメージを抱いてしまいます。  その後2年間アイドル歌手として活躍したのちにメジャーでの活動終了、地元でのタレント活動を続け1990年に漫画家でイラストレーターの江口寿史さんと結婚して芸能界を引退されました。  なんて理想の略歴なのでしょうか。アイドルとして消費され尽くすのではなく、いい頃合いを見て手を引き、そして結婚して引退。結婚が女の幸せとはとうてい考えていませんが、ひとつのターニングポイントとしては理想だなと思います。  今もアイドル界は激戦が続いていて、アイドルに疎いわたしでも悲しいニュースを聞くことがあります。どうか全てのアイドルが幸せな形で幕を引けるようにささやかながら祈っています。  今回はこのへんで終わります。最後まで読んでくださってありがとうございます!  次回もよろしくお願いします。 【架乃ゆら(KANO YURA)】 身長:156cm スリーサイズ:B84(D)・W55・H86 生年月日:1998年12月28日 趣味・特技:昭和歌謡、特撮ヒーロー鑑賞 ツイッター:@kano_yura インスタグラム:@kano__yura 公式ブログ:架乃ゆらオフィシャルブログ YouTube:かのちゃんねる (写真・構成=神楽坂文人Twitter@kagurazakabunji)

 実際、『まりあ ほりっく』という2009年に放映されたアニメのEDテーマとしてこの『君に、胸キュン。』がカバーされました。女性声優さんたちのかわいいアニメ声によるカバーはかなりしっくり来ますし、編曲? アレンジ?も本家YMOに寄せていてリスペクトを感じさせる名曲の一つです。

 昭和歌謡というものは熱いパッションがほとばしっているものとわたしは思っていて、もしかするとこのパッションが電波ソングにも共通しているのではないでしょうか? 度々感じる感覚の正体をいつかハッキリさせたいです。

 電波ソングっぽく聞こえる要因として、おそらく松本隆さんのキャッチーでオシャレな言葉遣いも電波ソングに通ずるものがあるかもしれません。1982年リリースの山下久美子さんの『赤道小町ドキッ』や、1984年リリース早見優さんの『誘惑光線・クラッ!』などに見られるカタカナ語のオノマトペをタイトルや歌詞に盛り込む手法は、電波ソングやアニソンにもよく用いられますよね。

 わたしは昭和歌謡にハマる前は電波ソングやアニソン、エロゲソングなどに心酔していた時期があったのですが、そういった類のものを聴いていたのに、昭和歌謡にものめり込んでいけたのは電波ソングと昭和歌謡は性質としては近いのかもしれません。

 2000年代の電波ソングを作った人たちはきっと昭和歌謡を聴いて育ったので、関係はもしかしたら本当にあるのかも…。

 いつか真面目なところで研究したいテーマができてしまいましたね。

 今回はこのへんで終わります。最後まで読んでくださってありがとうございます!

 次回もよろしくお願いします。

意味わからんけど最高すぎる『君に、胸キュン。』|架乃ゆら昭和コラム「美徳のゆらめき」の画像3

【架乃ゆら(KANO YURA)】
身長:156cm
スリーサイズ:B84(D)・W55・H86
生年月日:1998年12月28日
趣味・特技:昭和歌謡、特撮ヒーロー鑑賞
ツイッター:@kano_yura
インスタグラム:@kano__yura
公式ブログ:架乃ゆらオフィシャルブログ
YouTube:かのちゃんねる

(写真・構成=神楽坂文人Twitter@kagurazakabunji

men's Pick Up