【ネットナンパ】スピンオフ女性読者編開始! Hカップ美乳の人妻が選んだ初不倫相手がトコショー!!

【本記事にはアフィリエイト広告が含まれます】

 当サイトの人気コラム【ネットナンパ】のスピンオフがスタート! ネットナンパの元祖にしてクンニの権化であるスーパーヤリチンライターであるトコショーこと所沢ショーイチが、欲求不満な女性読者たちの欲望に誠心誠意応えまくる【女性読者編】だ!

 実はこれまでにも女性読者との逢瀬は通常版の出会い系サイトでの出会いをメインにした【ネットナンパ】でも掲載済み。だが、今後は女性読者編を月イチペースで各月中旬に配信する予定だ! ということで女性読者編の記念すべき第一弾をご堪能あれ。美しき美巨乳妻という、なんとも羨ましい読者からお誘いがあったようだ! 過去の女性読者編は「ネトナン女性読者編」というタグでまとめたので、気になる方はぜひチェックしてほしい! 

【ネットナンパ】スピンオフ「女性読者編」開始! Hカップ美乳の人妻が選んだ初不倫相手がトコショー!!の画像1
Illustrate by ながおか

トコショー、女性読者からのお誘い

 下は18歳から上は還暦間近の50代まで、筆者のところにはあらゆる世代の女性読者からの連絡が届いている。

 彼女たちの目的はセックス! 未婚既婚に関係なく、彼女たちは安全で安心して遊べる相手として筆者に白羽の矢を立てていることになる。

 来る者は拒まず、去る者は追わないというのが筆者のモットーなので、そうした女性読者たちとの情事も軽く100を超えてしまった。

 だが、まだ全然足りない!!

 毎日のようにセックスしているものの、全く満足できていないのだ。もうこれは完全な病気だろう。

 この病気は死ぬまで治らないと思うので、あの世に逝く寸前までセックスライフを満喫したいものである。

 5月連休が明けたある日のこと。筆者のブログ【所沢ショーイチのハメ撮り報告】で公開しているアドレス宛に1通のメールが届いた。


———————–
初めまして。

記事を拝見しています。
いつかショーイチさんとお会いしてみたいと思っていました。

半年前から旦那が単身赴任になり離れて暮らしています。
勇気をだしてメールしました。

35歳と決して若くはないですが、もしよかったら返事待ってます。
———————–


 女性読者からのメールだ。しかし、あまりにも情報が少ない。写メも添付されておらず、容姿に関するヒントが皆無だ。

 だが、筆者にアプローチしてきたということは、切羽詰まった事情があるのかもしれない。海の物とも山の物とも分からないが、こういう女性を放っておくわけにはいかない。


———————–
初めまして、所沢ショーイチです。
メールありがとうございます。

こんな私に会いたいと思ってくれただなんて、とてもとても嬉しいです。
私の記事を読んでそう思ったのなら、相性はきっといい事だと思います。
勇気を出してご連絡してくれたことに、是非お応えしたいです!!

ただ、私も色々と忙しいので、もう少し詳しい情報を教えていただければと思います。

写メやエッチに関する事など教えてもらえませんか?

あ!
なんてお呼びすればいいでしょう?

以上、よろしくお願いします。

では!
———————–


 様子見の返信を行う。すると2時間後に返信が届いた。


———————–
忙しい中返信ありがとうございます。
C子と申します。

神奈川県在住の主婦です。
普段は子育てをしています。

出産してから旦那とはそういう気持ちになれなくて、一年以上レスの状態です。

旦那と家族には、絶対にばれたくないです。
写メは、もう少ししてからではダメですか?
———————–


 返事をもらったものの、やはりヒントは少ない。旦那にバレたくないという気持ちは、人妻なら当然のことだろう。ここはあまり無理強いしないほうがいいだろう。

 そこで、彼女の警戒心を解くため筆者の写メを添付して返信する。


———————–
早速のお返事ありがとう、C子さん。

神奈川県在住なんですね。それでしたら、C子さんの都合のいい日程に合わせられると思います。

親類にばれるのって怖いですよね。
でも、今まで一度もそうなった事はないのでその点だけは安心してください。


あ!
こちらの写メを先に送っちゃいますね。

こんな感じの私ですが、C子さんからの前向きなお返事をお待ちしています。

色々とお忙しいでしょうから、返信は焦らなくて大丈夫です。

では!
———————–


 すると、今度は30分ほどでC子ちゃんから返信が届いた。しかも、写メ付きで!!


———————–
写メありがとうございます。

疑っているわけでは、ないんですが、こういった事が初めてでメールだけでドキドキしています。

ぽっちゃり体型です(涙)
私の写メはすぐに消してもらえるとありがたいです。
———————–


 やはりこちらから率先して写メを送ったのが奏功したのだろう。

 添付されていた画像を確認すると、トンデモない美形の女性が映っていた。栗山千明系の目鼻立ちが整った美女だったのである!!


コ・ノ・エ・モ・ノ・ノ・ガ・シ・テ・ナ・ル・モ・ノ・カー!!


 魔太郎モードに突入し、エンジンがうなりをあげる。

 写真の彼女はテーブルに座った状態だったので全身のスタイルは不明だ。半そでのシャツだったのでC子ちゃんの真っ白な二の腕が露わになっていた。その二の腕は細くて真っ白。本人は「ぽっちゃり体型」と言っているものの、どう考えても謙遜だろう。

 それにしてもずいぶんとあっさりした返信だ。こちらが送った写メに関する感想はナシ。ま、子育てで忙しい主婦なので、メールにあまり時間をかけられないのかもしれない。

 C子ちゃんとの約束を守るため、彼女の写メを穴が開くほど見つめてから画像を削除。そして返信を行う。


———————–
さっそくの写メありがとう!!!!!


めっちゃ素敵じゃないですか!!
予想以上にタイプだったので、今すっごくドキドキしています!!!!!

しっかり目に焼き付けたので、さっそく写真は削除しました。

鉄は熱い内に打て、という格言通り出来るだけ早くお会いしませんか?


平日だろうが、土日だろうが大丈夫です!!
早朝でも深夜でも、もちろん構いません。

新宿か池袋あたりでお会い出来たらと思います。

焦らなくて結構なので、検討のほどよろしくお願いします。

では!
———————–


 本当はもっと彼女の容姿を褒めたかったのだが、あまり褒め過ぎると逆にヒかれてしまうかもしれない。そこで筆者にしては控えめな表現となった。

 だが、ここでC子ちゃんからのメールがパタっと途絶えてしまった。

 この日ずっとPCの前に張り付き30分ごとにメールをチェックするものの返信が来ない。


しゅ、主婦だからきっと忙しいんだろうなぁ…


 そう自分に言い聞かせたものの、内心ドキドキしっぱなしだ。もっとじっくり攻めるべきだったか…。後悔の念が何度も筆者を襲ってくる。

 そして翌日。PCやスマホで何百回となく確認したものの、やはり返信がこない。


ガックシ…


 C子ちゃんの美形顔を見ていたせいで、ショックは半端じゃなかった。

 さらにその翌日のこと。朝7時過ぎにたまたまトイレに起きた際、何の気なしにメールをチェックしてみる。

 C子ちゃんからの返信が届いていたのである!! しかも送信時間は今からほんの5分前だ!!

 もうこれは運命としか言いようがない。


ジュワっ!


 愚息は半勃起状態だったが、先走り液が滲んできてしまった。

 だが、待てよ。もしかしてコレは「ごめんなさい」メールかもしれない。内容を確認する前にトイレで用を足し、何度も深呼吸してからメールを開く。


———————–
返信ありがとうございました。

明日だったら子供を預けられるんですがどうですか?
急ですいません。

私、産後太りで容姿があまり良くないんですが、大丈夫ですか?
———————–


 どうやら筆者が勝手に心配していただけだったようだ。それにしても急なお誘いだ。だが、美形のC子ちゃんからのお誘いを断るという選択肢は存在しない。

 速攻で返信する。


———————–
C子さん、おはようございます。
連絡どうもありがとう!

明日ですね。もちろん大丈夫です。

体型のこともそんなに気にしないでください。
ガリガリの女性にはあまりセックスアピールを感じない私なので、むしろちょっとポッチャりしてるくらいが好きなんです。

お子さんのお迎えもあるでしょうから、早めの時間帯に待ち合わせしたほうが良さそうですね。
私は何時になってもOKなので、C子さんの都合に合わせます。

場所は新宿と池袋だったら、どちらがいいでしょうか?
———————–


すると30分ほどで返信が届く。


———————–
いろいろ配慮ありがとうございます。

場所は、池袋だと助かります。
時間は、11時頃でどうですか?
———————–


 なんともあっさりした内容だ。やはり彼女はあまりメールに慣れていないのかもしれない。まぁ、C子ちゃんの年齢からすればLINE世代なので仕方がないのかも。

 こうして翌日の午前11時に池袋で待ち合わせすることになった。

 そしてデート当日。朝9時にアラームをセットしていたのだが、C子ちゃんとのデートが楽しみ過ぎて2時間も早く目が覚めてしまった。

 念のためメールをチェックすると、またもや数分ほど前に連絡が届いていたのだ!!

 ま、まさか都合が悪くなったとかじゃないよね? 胸をドキドキさせながら内容を確認する。


———————–
おはようございます。

今日の待ち合わせなんですが、もし大丈夫だったら10時頃に変更してもらえませんか?
———————–


ほっ。


 単なる時間変更の連絡だった。予定より1時間も早くC子ちゃんに会えることになったので、ひとまず安心だ。

 こうして午前10時に待ち合わせすることになった。

 当日、電車で池袋に向かいながらこちらの服装を伝えるメールを送る。


———————–
私も、今向かってます。
紺色のワンピースを着てます。
———————–


 C子ちゃんからの返信がすぐに届いた。どうやら彼女も電車の中のようだ。

 約束の5分前にイケフクロウに到着。すぐにC子ちゃんに「到着しました」のメールを送る。

 しかし、いくら待っても返信が届かない。もう一度確認のメールをするべきか? やきもきしているうちに約束の10時になってしまった。

 もしかしてもう到着してるのかも? そう考え、イケフクロウの周辺をゆっくり歩いてC子ちゃんの姿を探す。

 紺色のワンピース、紺色のワンピースはどこじゃ!? しかし、それらしき女性はいない。

 念のためもう一度周辺を練り歩く。

 その際、イケフクロウから少し離れた壁際に立っていた女性と目が合った。マスクしているので顔の造形は全く不明だ。しかもその女性が着ていたのは黒っぽいワンピース。身長は160センチ以上あり、こちらがイメージしていたC子ちゃんとはかけ離れていた。

 一度視線を外し、もう一度その女性に目を向ける。すると、向こうもまっすぐこちらを見返してきた。


も、もしかして!?


 ゆっくり彼女の近づき声をかける。


「もしかして、C子ちゃん?」

「あ、はい。そうです」

「ごめんね。紺色のワンピースばかり探してたからすぐに気がつかなかったよ」

「え?」

「あ、よく見たらそれ紺色だね。遠くからだと黒に見えたんだ」

「そうだったんですか」

「それに、C子ちゃんスタイル良すぎでしょ! 全然ぽっちゃりしてないから、違う人だと思ったよ」

「そ、そんなことないです」

「ま、ここだと話しにくいから歩きながら話そうか?」


 イケフクロウから北口階段に向かって歩き始める。その道中、筆者はマスクをずらして顔を全部見せる。


「実物の俺はこんな感じだけど、大丈夫そうかな?」

「は、はい」


 北口からホテル街に向かって歩き、ラブホテルに到着。

 室内に入り、ウガイと手洗いのためマスクを外すC子ちゃん。


き、綺麗だ…


 もらった写メより数段綺麗だったC子ちゃん。脳内麻薬がドクドクと分泌され、軽いトリップ状態となる筆者。

 ソファに座って世間話を始める。待ち合わせ時間が急遽1時間早まったのは子供を迎えに行く時間が早まったためとのことだ。

 初の不倫となるC子ちゃんは緊張していたが、時間をかけて会話したおかげで徐々に打ち解けてきてくれた。

 どんなエッチを希望しているのか聞くと、恥ずかしそうに「イチャイチャしたいです」とのこと。

 もっと具体的に聞き出したかったが、この辺りが限界だろう。シャワーを浴びてくるよう促す。

 筆者はソファに座りテレビを点ける。その際、鏡越しに洋服を脱ぐC子ちゃんの姿を見てしまった。

 テレビを見ている振りをしながら観察を続ける。そしてブラジャーが外されオッパイが露わになった。


な、なんじゃそりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?


 予想外の事態となり硬直してしまった。とんでもないデカさだったのだ。着衣の時にFカップくらいはありそうだと思っていたが、実際には余裕でHカップはありそうだった。着やせするタイプなのだろう。

 今すぐにでも汗で蒸れているその乳房に頬をこすり付けたくなった。だが、グッと我慢。いくらなんでも初対面の女性に無茶することはできない。

 その後、入れ替わりで筆者もシャワーを浴びる。そして歯磨きと手洗いを終え、その時がやってきた。

 恥ずかしがる彼女のため、室内の照明を少しだけ暗くする。

 ベッドの脇でお互い全裸となり、立ったまま抱き合う。そしてゆっくりとキスを仕掛ける。

 色白でモチ肌で美巨乳。しかも顔は美形というC子ちゃん。非の打ちどころがないとはこの事だ。

 ベッドに寝てもらい、キスを続行。


「絶対に痛い事や汚い事もしないから安心してね」

「は、はい」

「それにキスマークもつけないからリラックスしていてね」


 キスを終え、オッパイ愛撫を開始。


で、デカい!! し、しかも柔らかい!!


 筆者の手の平は大きいほうなのだが、乳房が大きいので片手では全く収まらない。乳輪や乳首の形も理想的で、エロアニメに出てくるような美乳だ。

 この大きさの理由をどうしても聞きたくなってしまった。


「出産してから大きくなったのかな?」

「い、いいえ。若い時からこうでした」


 即答するC子ちゃん。出産や授乳による一時的なものではなく、天然の爆乳だったことが判明。

 その爆乳を丁寧に揉みほぐし、乳首を舌先で転がす。少しずつ彼女の身体が熱を帯びてきた。

 さらにオッパイ愛撫を続けると、こらえきれなくなったアヘ声が漏れ始める。

 20分近くオッパイ愛撫を続ける。しかし、全然物足りない。こんなオッパイは数時間単位で味わいたい!

 だが、時間制限のあるデートだ。泣く泣くオッパイ愛撫を中断し、クンニの体勢に移行。

 彼女の両太ももを抱え上げ、ヴァギナとご対面。左右対称の綺麗なヒダヒダが印象的だ。

 両手で彼女の乳首をコリコリしながらクリトリスを舐め始める。


「う、っふぅ」


 声にならないアヘ声をあげるC子ちゃん。

 まだ中の気持ち良さが分からないんですと語っていた彼女に対し、ここで手マンを仕掛ける。

 左手で両乳首を攻め、舌先でクリトリスを転がし、右手中指でGスポットをコネくり回す。


「あぁぁぁぁ」


 ついに大きなアヘ声をあげるC子ちゃん。

 その後30分近くこの3か所攻めを続ける。彼女の声が擦れてきたので、小休止を挟むことに。


「大丈夫? 痛くなかった」

「は、はい。気持ち良かったです。でも…」

「ん?」

「あ、足が疲れちゃいました」


 これだけ長時間愛撫されるのは彼女にとって初めてのことだろう。マングリ返しのような状態が長く続いたので、少しばかり無理させてしまったのかも。

 ここでイチャイチャプレイを実現するため攻守交替。

 フェラチオに不慣れなのか、勝手が分からない様子で竿をチロチロと舐めるC子ちゃん。ここで助け舟を出すことに。


「チンチンを奥まで咥えてごらん。その状態で先っぽや竿を舐めてくれる?」


 こちらの指示に従うC子ちゃん。初々しい感じのフェラに身を任せていると、突然精巣がフル回転しはじめた。


「ちょ、ストップ!」

「え? ごめんなさい。痛かったですか?」

「逆だよ。気持ち良すぎてピュって出ちゃいそうになったよ」


 お世辞ではなく本当に気持ち良かったのだ。生温かい舌で亀頭を舐められ、射精寸前の事態に追い込まれてしまったのだ。

 だが、もっとイチャイチャしたかったので、シックスナインを提案。

 どうすればいいのか分からない様子のC子ちゃんに指示を出し、なんとかシックスナインの体勢に移行。

 ここから5分ほど互いの性器を舐めあう。

 まだまだ相互愛撫を続けたかったが、帰りの時間から逆算してそろそろ挿入するべきだろう。

 ベッドの上で仁王立ちになり、C子ちゃんにフェラチオしてもらう。その様子を上から眺めながらコンドームを袋から取り出す。

 彼女の目の前でしっかりゴムを装着。


「なにか体位のリクエストある?」

「せ、正常位でお願いします」


 リクエスト通り正常位で合体。


くーっ、キツくて熱くていいマンコ!!


 早漏を避けるためにピストンは行わない。チンコだけをピクピク動かし、ディープキスを行う。


ギュヌむっち、ぎゅる、にゅのズン!


 キスの最中、マンコが意志をもったかのように動いてきた。


な、なんですのー!?


 まず入口が狭まり、次にマンコ内部が狭まり、最後は最奥がキュキュっと締まる。この一連の動きが何度も繰り返されたのだ。


「ちょ、このマンコ、キツ過ぎるよ」

「え?」

「さっき入れた時より俺のチンコが大きくなったような気がしない」

「はい。そう思ってました」

「でもそれは違うんだ。俺のが大きくなったんじゃなくて、C子ちゃんのマンコがぎゅうぅぅって締まってるんだよ」

「そ、そうなんですか」

「うん。気持ち良すぎるからもう少しこのままでいさせてね」


 その後も5分ほどピストンせずにディープキスを続ける。

 だが、マンコの絶妙な締め付け具合のせいでどんどん追い込まれてしまった。

 上半身を起こし、Gスポットを下からエグるような角度でピストンスタート。


エグるように打つべし、打つべし、打つべし


 漫画「あしたのジョー」の丹下段平のアドバイスを思い出し、C子ちゃんに奉仕する筆者。

 だが、ピストンを開始して1分もしないうちに限界が訪れてしまった。


「も、もう無理! このままイクよっ!」


 そう告げると同時に大量のザーメンを射出。


ふぅ。


 しばし余韻を味わってからチンコを引き抜く。すぐにティッシュを手に取り、C子ちゃんのマンコをふきふき。

 その後、コンドームに溜まったザーメンを彼女に見せて安心してもらう。

 ノドがからからだったので、テーブルに置いておいたペットボトルのお茶をグビっと飲む。C子ちゃんのお茶を手に取り、ベッドの上で放心している彼女に渡す。

 朝から長時間煙草を我慢していたのだが、ここで限界を迎える。


「ちょっとトイレの個室で一服してくるから、そのままゆっくりしていてね」


 トイレで数時間ぶりの一服を行う。そして部屋に戻ると、C子ちゃんはベッドの上でまどろんでいた。

 まだ時間に余裕があったのでそのまま放置することに。しかし、「ショーイチさん? 隣に来てくれます」とおねだりされてしまった。

 すぐにベッドに上がり、彼女の隣に体を横たえる。すると、C子ちゃんのほうからピタっと身体を寄せてきた。

 こうなったら腕枕してあげるしかない。「ありがとうございます」と腕枕に対しお礼を言うC子ちゃん。

 「私、煙草を吸った後の男性の匂いが好きなんです」と言って筆者の胸に顔を埋めてクンクンしてきた。


な、なんだこの可愛い生き物は!!


 美形で美巨乳で名器で、しかもこんな可愛い一面もあるとは。C子ちゃんとの出会いが数年早かったら、間違いなく本気でプロポーズしていたことだろう。

 その後もベッドの中で密着を続け、思う存分オッパイを揉ませてくれたC子ちゃん。まさに聖母さまだ。

 なんとか急げばもう1回戦くらいできただろうが、この後子供を迎えにいく彼女の体調を気遣って断念。

 まったり帰り支度をしながら何気なく聞いてみた。


「ところで旦那さんの赴任先って遠いのかな?」

「はい。気軽に行き来できる距離じゃないんです。だから、今度引っ越すことになりました」

「え? それって旦那さんの赴任先にC子ちゃんたちが行くってこと?」

「はい」


 なるほど。引っ越しする前に思い切って1度の不倫情事にチャレンジしたというのが実情だろう。


グスン…


 これから先、何年も、否、何十年もC子ちゃんと愛し合いたかったが、それは叶わぬ夢だと判明。

 涙腺が緩んできたので、慌てて「帰る前にトイレでもう一服だけしてくるね」とトイレに逃げ込むのだった。

 その後、ホテルを出て駅に向かう。


「引っ越し前にまた会ってくれたら嬉しいな」

「は、はい。私でいいんですか」

「うん! C子ちゃんのためならいつでも時間を作るから考えておいてくれるかな」

「分かりました」


 駅の構内で別れを告げ、デート終了となった。

 その日の夜。C子ちゃんからメールが届く。


———————–
今日は、ありがとうございました。
久しぶりに子供以外の人肌を感じて癒されました。
———————–


 たった2行だ。なんとも素っ気ない内容である。これは暗に再会をお断りされているのかもしれない。

 もっと積極的に好きだという気持ちを伝えておくべきたったか? 今回のこの失恋ダメージは相当後を引きそうだなぁ。
(文=所沢ショーイチ)

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック