『殻ノ少女』原作をしっかり踏襲したミステリーエロアニメ

『殻ノ少女』原作をしっかり踏襲したミステリーエロアニメの画像1
『殻ノ少女』シリーズ/ミルキーズピクチャーズ

 以前紹介した『カルタグラ ツキ狂イノ病』に続いてInnocent Greyからもう1本、ミルキーズピクチャーズからエロアニメ化された作品がある。サイコミステリーエロゲーの金字塔『殻ノ少女』だ。

 同作は美少女ゲームアワード2008(現・萌えゲーアワード)のBGM部門とプロモーション部門で金賞を受賞した人気作品であり、中古市場では高値で取引されるほどの名作だ。

 舞台は『カルタグラ』と直接的な時系列の流れを汲んだ、戦後の昭和初期。登場人物も一部被る。複雑難解なストーリー、ため息が出てしまうほどに美しいCG、そして人によっては鬱ゲーとされる残酷描写など、醜と美が入り混じる文学作品に昇華された作品だ。

『殻ノ少女』原作をしっかり踏襲したミステリーエロアニメの画像2
『殻ノ少女』第1話より

 エロアニメ版『殻ノ少女』も『カルタグラ』同様、第1話・第2話と全2巻構成の合計1時間弱だが、さらにストーリー重視作品となっている。しかし、『カルタグラ』では一応の解決まで話は進んだものの、今回は謎と伏線がほぼ未回収で終わってしまう。第3話・第4話と続くのではないかと臭わせる結末だが、いまのところ続編の発表はない。

 一方エロシーンは、主人公・時坂玲人の大人びたキャラということもあってか、前作よりもていねいにねっとりと描かれている。ぬるぬる動く葉月杏子とのエロシーンはまさに抜きどころだし、変態な夏目さんとのシーンは原作同様かなり濃いものだ。全体的に作画のクオリティが高いため、キャラ描写も原作に近く朽木冬子の透明感も損なわれていない。

『殻ノ少女』原作をしっかり踏襲したミステリーエロアニメの画像3
『殻ノ少女』第2話より

 正直エロ目的で観るとした物足りなさを覚えるかもしれないが、エロシーンまでもきちんと描いたサイコミステリーアニメと思えば十分に楽しめるはずだ。原作未プレイのエロゲーマーにとっては、ネタバレなくダイジェスト的に楽しめる入門的な作品ともなりえる。
(文=穴リスト猫)

【視聴はこちらから!】
『殻ノ少女』第1話
『殻ノ少女』第2話

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック