葛藤と思惑/駆け引き#2【隔たりセックスコラム】

性愛探求コラムニスト隔たり連載「駆け引き#2」

隔たり…メンズサイゾー読者投稿コーナー「エロ体験談」の人気投稿者。出会い系サイトやマッチングアプリを利用した本気の恋愛体験を通して、男と女の性と愛について深くえぐりながら自らも傷ついていく姿をさらけ出す。現在、メンズサイゾーにセックスコラムを寄稿中。「隔たり」というペンネームは敬愛するMr.Childrenのナンバーより。

※前回までは↓

性愛探求コラムニスト隔たり連載「駆け引き」 隔たり…メンズサイゾー読者投稿コーナー「エロ体験談」の人気投稿者。出会い系サイトやマッチングアプリを利用した本気の恋愛体験を通して、男と女の性と愛について深くえぐりながら自らも

 テレビ画面には有名な映画が流れているが、内容は全く頭に入ってこない。ダンディな男優とグラマラスな女優の英語だけが、かすかに耳の中に飛び込んでいる。字幕が流れているが集中できず、何と言っているかも全くわからなかった。

 映画を見ているようで、意識は横に向いている。横にいる都(みやこ)さんは表情を変えずにただ眺めていた。

 

「この映画、都さん好きなんですか?」

 

 そう問いかけてはみるものの、都さんはこちらを一度向いただけで、再びテレビの方に視線を動かした。会話をすることよりも、映画を見たいということなのだろうか。同じように映画に集中しようと思うも、やはり横にいる都さんが気になって仕方がない。意識が前、横と行ったり来たりしている。全く落ち着けない。

 0時になり、日付が変わった。もう終電には間に合わない。ということは、これで都さんの家に泊まることが決定したことになる。

 とりあえず、第一ミッションはクリアだ、とほっと胸をなでおろす。ミステリアスな雰囲気をもつ都さんだから、「終電になったから帰って」と言われそうで気が気じゃなかった。

 都さんはそんな僕の喜びをよそにずっと映画を眺めている。すっぴんの都さんは目が細く、唇がぽってりしている。出会った瞬間にすっぴんということを主張していたそれらは、今見るとこちらを誘惑するような無防備な姿にも見える。都さんとシてみたい。だけど、直接「シませんか?」という隙は、都さんにはなかった。

 ならば、「気付けば終電の時間が過ぎていた」というように、少しずつ少しずつ、セックスに近づけていこう。

 

「あの…都さん」

 

 声をかけても都さんは相変わらず映画を見ている。邪魔して申し訳ないと思いつつも、おそらく都さんはこの映画を見たことがあるのだろうと想像し、構わないで話しかける。

 

「ちょっと寒くなってきたんですけど、毛布とかってありますか?」

 

 そう言うと都さんは立ち上がり、ベッドの上にあった毛布を僕に手渡した。ありがとうございます、と僕は都さんの目を見て微笑み、自分の足にかける。

 

「あ、都さんは寒くないですか?」

 

 やましいことを悟らせない笑顔を意識して、都さんに尋ねる。

 

「寒くないわよ」

「そうなんですね。でも、これから深夜になって寒くなると思うので、よかったらどうぞ」

 

 返事を待たずに、僕は都さんの足に毛布をかけた。同じ毛布に、僕と都さんが入っている。ちゃんと互いの足に毛布をかけるには、距離を近づけなければならない。僕は毛布をかけることを装って、自然に都さんに近づいた。

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック