邪と遊戯/駆け引き#1【隔たりセックスコラム】

性愛探求コラムニスト隔たり連載「駆け引き」

隔たり…メンズサイゾー読者投稿コーナー「エロ体験談」の人気投稿者。出会い系サイトやマッチングアプリを利用した本気の恋愛体験を通して、男と女の性と愛について深くえぐりながら自らも傷ついていく姿をさらけ出す。現在、メンズサイゾーにセックスコラムを寄稿中。「隔たり」というペンネームは敬愛するMr.Childrenのナンバーより。

 

 「今日の夜なら来てもかまわないわよ」というラインのメッセージを見たのは、セックスをした後だった。

 ラブホテルのソファの上で僕はスマホを見ていた。浴室からシャワーの音が聞こえる。僕は一度顔を上げて浴室の方を向いた。もうすぐ出てきそうな感じがしたので、僕は「ありがとうございます。今から向かいます」と打ち込んで返信をした。

 今浴室でシャワーを浴びている女性とはマッチングアプリで知り合った。アプリ内で何度かやり取りした後、ラインへ移行し、あることがきっかけとなり、僕は勢いでラブホテルに誘った。断られるだろうと思っていたが、女性は簡単に了承してくれた。そして僕らは待ち合わせをし、食事などをとることもなく、すぐにラブホテルに入り、2回セックスをした。

 ガチャっと、浴室の扉が開く音が聞こえたので、慌てて携帯の画面を閉じる。音の方を向くと、女性が体にタオルを巻いて、浴室から出てきたところだった。目が合ったので、僕はにっこりと微笑む。

 

「さっぱりした?」

「うん。さっぱりしたよ」

 

 女性も「ちょっと待ってね」と微笑み、こちらに背中を向けて着替え始めた。タオルが解かれ、背中やお尻が丸見えになっている。もうセックスを終えた後だから、裸を見せることに抵抗がないのだろう。僕はその後ろ姿を眺めながら、さっきまであの体を抱いていたのだなと、ぼんやり思う。気持ち良かったという感覚は残っているのだが、どんなセックスをしたのか、という具体的なことはもう記憶から薄れていた。

 女性が着替え終わった頃、ちょうど時間になったので、僕らはラブホテルを出た。

 

「この後、どうする? ご飯でも食べる?」

 

 女性にそう言われ、僕はスマホで時間を確認する。19時。確かに、ご飯を食べるにはちょうどいい時間だが、僕はさっきラブホテルの中で見た都(みやこ)さんのラインを思い出していた。

 

「ごめん。一緒に食べたいんだけど、この後、予定があって。また今度食べない?」

 

 僕がそう言うと、女性は寂しそうな表情を見せ、「わかった」とだけ呟いた。その声のトーンは暗く、このまま解散になることが不服そうであった。

 ああ、身体目的だと思われちゃったかな…。僕は申し訳ない気持ちになりながらも、振り返れば身体目的と思われても仕方ない行動をしたし、何よりその女性に会った一番の目的は身体だから否定のしようがなかった。頑張れば食事くらい行けるのかもしれないが、今日はしょうがない。僕は今から、都さんに会いに行かなければならないのだ。

 女性を駅まで送り、あっさりと別れた。女性の姿が見えなくなった後、僕は急いでスマホを開いて都さんが住む最寄りの駅までのルートを検索した。

 都さんは千葉に住んでいる。今僕がいる東京の駅から都さんの最寄りまで2時間かかると出た。僕はその旨を都さんにラインで送り、急いで電車に乗った。

 

「わかりました。お待ちしています」

 

 都さんとはマッチングアプリで知り合った。ちなみに、さっきまでセックスをしていた女性と同じアプリである。

 都さんは僕が今までやり取りをしたどの女性とも雰囲気が異なっていた。プロフィール画像やメッセージ、そのどれもが僕には異質に感じられた。

 たいてい、プロフィール画像は自撮りか友達と一緒に撮った写真を切り取ったのが多い。だが都さんのプロフィール画像は、右肩付近しか映っていなかった。どこで撮ったかも、なぜその写真を撮ろうと思ったかも分からないような写真だった。

 オフショルの服を着ていたのか、肩は激しく露出していた。そして何より僕の気を引いたのは、そこにかかっている髪の毛が濡れていたことだった。むき出しの肩に濡れ髪。妖艶でキケンな香りが漂っているように感じ、気付けばすぐにメッセージを送っていた。

 メッセージのやり取りが始まってからも、都さんは僕を魅了した。

 都さんのメッセージの口調は妙に大人っぽかった。その落ち着き様と妖艶なプロフィール画像から、僕は都さんは壇蜜さんのような女性なのではないかと想像した。想像すれば想像するほど都さんのことが気になって仕方がなくなり、僕はすぐに都さんに会いたいと思った。

 なので、僕は思い切って都さんに「会いませんか?」と誘った。すると都さんから、「わたしはあまり外に出ないのよ。ごめんなさいね」と返信が来た。

 外に出ないという断り方に違和感を覚えたが、不思議な魅力を持った都さんらしいなとも思った。ともあれ、僕はどうしても都さんに会いたかった。そうだ、都さんが外に出ないなら、僕が迎えに行けばいい。

 

「だったら僕が家に迎えに行きますよ」

「隔たりくんはどこに住んでるの?」

「東京です!」

「東京なのね。遠いわよ」

 

 家の場所を聞くと、都さんは千葉のとある駅の近くだと教えてくれた。僕はその駅名を聞いたことはなかったが、千葉なら余裕で行ける範囲内だと思い、どれくらいの遠さが調べるわけでもなく、すぐに「余裕です。その駅まで行きます」と送っていた。

 そこから2日、都さんからの返信が途絶えた。待っていたが、既読すらつかない。ああ、都さんに会えないかもしれない。悲しくなった僕はヤケクソで都さんと知り合ったアプリでやり取りをしていた違う女性を誘った。

 気付けば僕は女性とのメッセージの流れを完全に無視して、「ホテルに行かない?」と強引に誘っていた。断られると思っていたが、不思議なことにその女性はあっさりと了承してくれたのだった。

 そして今日その女性とセックスをしたのである。さらに驚くことに、その女性とのセックスが終わった後、都さんからのメッセージが届いたのだった。

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック