夫の浮気相手の主人と浮気したアラフォー美熟妻|ブッ飛び素人モデルFile

エロ本を彩ったハメ撮りモデルとベテラン編集者/ブッ飛び素人モデルFile

1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(49歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退までの13年はコンビニ系のアダルト誌を編集。趣味と実益を兼ね「ハメ撮り写真は極力自分で撮る」が信条だったとか。
そんな氏がエロ本編集者人生を振り返り、今思うのは「風俗嬢よりAV女優より、いろんな意味で本当にエグいのは素人女性!」だということだそうで…。川田氏が、足かけ20年でハメ撮った720人以上の女性の中から、今でも忘れられないブッ飛び素人モデルとのエピソードを蔵出しする。

夫の浮気相手の主人と浮気したアラフォー美熟妻|ブッ飛び素人モデルFileの画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

夫の浮気相手の主人と浮気したアラフォー美熟妻/冬子(46歳・主婦)

 さて、今回は人妻の浮気相手に関するお話をさせていただこうかと思っているのですが……。

 主婦の浮気相手になる男性って色々ですよね。パート先の店長とか、同窓会で再会した元同級生とか、元カレとか。

 そんな中、エロ本モデルに応募してきたアラフォー主婦の浮気に関するエピソードが実に興味深いものだったんです……。

 

「冬子さん、エロい体してますよねぇ。それにフェラも超上手だし、セフレに立候補しちゃダメっすか?」

「えー、もうセフレ3人いるからなぁ、どうしよっかなぁ(笑)」

 

 なんて会話をしながらハメ撮りしていたんですが……。

 気になるじゃないですか、そこそこの美熟女が3人のセフレと、どういう状況で知り合ったのか。今後の参考にしたいから教えてくださいよ、って聞いてみたんですね。

 すると、彼女が「うふっ」と笑ってこう言ったんです。

 

「実は私の初めての浮気相手っていうのが面白くてね。私のダンナの浮気相手のダンナさんなの……分かります?」

「は? えっと……冬子さんのご主人の浮気相手のダンナさん……ってことは?」

 

 話が整理できない僕に、彼女がコトの発端から詳しく説明してくれました。

 

 冬子さん夫婦は結婚12年目で、子どもはなし。仮にご主人の名前を冬雄さんといたしましょう。

 冬子さん夫婦が住むマンションには理事会があり、理事長、副理事長、経理事務などの役職を住人が順番で担当するシステムだったそうなんですが……。

 

「3年前だったな……うちに理事長役が回ってきたんです」

 

 と冬子さん。

 

「基本的に家庭から1人出せばいいから、妻でも夫でもいいわけ。でも、経理とか書記なんかだと奥さんが就くこともあるけど、理事長となると男の出番じゃないですか。で、うちの夫もメンドクサイと言いながら仕方なく理事会に出席してたんですね」

 

 ところが、理事長になって半年ほど経つと、理事会が近くなるにつれナゼか夫の機嫌がよくなるような気がした冬子さん。

 

「それと同時に、土日休日に夫がゴルフの打ちっぱなしに行く回数が増えだしたんですよ。なんか怪しいと思うじゃないですか」

 

 で、昔ながらの女友達とランチした際、そのことについて愚痴ったそうなんですね。

 すると、その女友達はこう言ったそう。

 

「ダンナさん、浮気してたりして」

 

 冬子さん、友人のこの一言で探偵を雇うことにしたんですって。すると?

 

「そんな気はしてたけど、案の定。でも、びっくりしたのは浮気相手の正体なんです」

 

 ご主人、冬雄さんの浮気相手は……同時期に書記担当としてマンションの理事会に参加していた、同じマンションの住人女性だったというんです!

 仮に、その女性の名前を夏子としましょう。夏子には夏生という夫がいます。

 ここまでを整理しておきましょう。

 

冬子・冬雄夫妻/マンション9階在住/夫が役員会理事長

夏子・夏生夫妻/マンション3階在住/妻が役員会書記担当

 

 で、冬雄と夏子が理事会で急接近したのを機に不倫関係になったということですね。

 普通であれば、ここから離婚に向かって修羅場に突入ですよ。

 しかし、それでは当たり前すぎて、こうして記事にする意味もないってもの。ここにこうして書いている以上は、冬子さんは突拍子もない行動に出たわけでありまして……。

 

 冬子さんが、そのときの状況を語ります。

 

「私は専業主婦だったから、離婚って話になるとマズかったんですよ。マンションのローンも残ってる上に夫の稼ぎだって悪かったし……慰謝料がっぽりもらえるって状況なら離婚してたんだけどね」

 

 よって、怒りのままに夫を問いただすより、まず別れさせるのが先決だと思ったという冬子さんは……同じ被害者である、夏子の夫、夏生を味方に引き入れようと行動に出たんだそう。

 夫がゴルフバックを抱えて機嫌よく出かけていった休日。冬子さんは3階の夏子・夏生夫妻の家のチャイムを鳴らします。

 

「はい……えっと、どちらさまでしょう」

 

 玄関から顔を出したのは夏生。

 

「9階に住んでる鈴木です。あの……今日は奥さまは?」

「出かけてますけど……」

 

 やはり、冬雄は夏子とよろしくやりに行ったのだ。

 

「あの……うちの主人とお宅の奥様の件でお話があるんですが……ちょっとお邪魔してもよろしいですか?」

 

 で、夏生に自分たちの置かれている状況を説明する冬子さん。

 

「突然のことで信じられないかもしれませんけど……お宅の奥様とうちの主人が浮気をしてるんです。証拠写真もあります。ね、これ、お宅の奥様で間違いないですよね?」

「は、はい……ま、間違いないですね」

 

 そしてここから、お互い家族を取り戻すための話し合いが始まるはずだったのですが……?

 冬子さん、そのときのことを思い出しているのか、顔がニヤケちゃってるんですよね。なぜかと聞いてみると?

 

「先方のご主人……夏生さんっていうのがね、めっちゃタイプだったんですよ(笑)。メタボ腹の主人と違ってシュッとしてるし顔もイケメンだし。正直、そんなご主人を持つ奥さんの相手が、なんでうちのダメ夫なのか、さっぱり分からないって感じだったんですよね」

 

 というわけで、話をしているうちに……夫の浮気より、目の前にいるイケメンご主人の方が気になりだしてしまった冬子さん。

 自然と話もそれていき……。

 

「こうしている間も、2人はどこかでイチャイチャしてるんだわ……ねぇ、悔しいと思いません? 私たちだって、楽しんでいいと思いません?」

 

 なんて、まるでAVの台本に出てくるようなセリフが口をついて出て……。

 

 結局、冬子さんと夏生も不倫関係になり、冬雄と夏子は知らないまま、スワッピング(夫婦交換)しているという、世にも奇妙な4角関係が成立してしまったんだそう。

 

「夏生さんと浮気するようになってから、うちのダンナには一切腹が立たなくなりましたね。それに、仮に私の浮気がバレても、うちのダンナは何も言えないでしょ?」

 

 というわけで、そこから一気に遊び心に火がついてしまった冬子さん。

 夏生のほかにも男を作り、興味本位でエロ本モデルをやってみるなど、好き放題しはじめたってわけだったんですね。

 あなたの住む団地やマンションにも、冬子さんみたいな主婦、いるかもしれませんよー!

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック