ハプバーに堕ちたイケない女教師/35歳・中学教師の告白

和子の告白(取材・文/川田拓也)

ハプバーに堕ちたイケない女教師/35歳・中学教師の告白の画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

【告白者プロフィール】
和子(35歳・中学教師)/東京都在住。T162・B87・W65・H90(cm)。都内の中学校で数学を教える教師。学校業務はプライベートもないほど忙しく、彼氏を作る余裕もないほどで、ストレスだけが蓄積される毎日を送っているとか。

※ ※ ※

 あの……友だちの紹介ってことで取材オッケーしたんですが……あ、はい、そうなんですよ……私、今も学校で教師してるんです。だから、バレると本当にまずくて……そうですね、写真とかは撮らないってことにしていただけますか?

 はい、顔から下でも、服装でバレたりしたら元も子もないので……それでよければお話させていただきます……えぇ、かれこれ7年前、私が27歳のときの話なんですけど……。

 

 私が学校の先生になりたいと思ったのは小学3年生のとき。当時、担任だった女性の先生に強い憧れを抱いたからでした。

 

(私も子どもたちに憧れられる先生になりたい)

 

 そんな想いを胸に勉強し、教員資格認定試験に合格したときの嬉しさといったら……でも私は、そんな初心をすっかり忘れてしまったイケない女教師なんです。

 

(ああッ、もう、なんで毎日残業しなきゃいけないの!)

 

 教師というのは、思っていたより何倍もつらい仕事でした。

 私は積み重なっていくストレスを解消するための術を持たず、ただイライラするだけの毎日に押し潰されそうになっていたんです。

 学生時代の遊び友だちで、OLをしている加奈と再会したのは、そんなある日のことでした。

 

「どうしたの……和子、大丈夫? なんかゲッソリしてるみたいだけど」

 

 学校では誰にも相談できずにいた私。仲のいい友だちに心配されたことで、押し込めていた愚痴が一気に吹き出してしまったんです。

 

「もう……教師になんかならなければよかった」

 

 すると加奈が、私にこう言ったんです。

 

「和子、いいとこ連れてってあげようか? そういうストレスが一気に発散できるとこ。私もね、会社でイヤなことがあると、必ずそこに行って遊ぶの。今から一緒に行こうよ、面白くなければ帰ればいいからさ」

 

 加奈はそう言って、半ば強引に私の手を引っ張ったのです……。

 

「ちょっと待って、加奈……ここ、どういうお店!?」

 

 加奈の後に付いてお店に入った私は、そこで繰り広げられていた光景を見て目を丸くしました。

 

(え、なんでみんな裸なの? それに、あそこの男女……人から見える場所で何してるの?)

 

 私も処女というわけではありません。何をしているの? なんて言いながら……結合部こそ見えないものの、向かい合わせに座ってキスをしながら、密着させた腰を擦り合わせているふたりは、明らかにセックスをしているのが分かりました。

 

「ここはね、ハプニングバーって呼ばれるお店なの。みんなが思い思いにエッチな雰囲気を楽しむお店なのよ。もちろん見ているだけでも大丈夫。それに……和子が学校の先生だってことは内緒にしとくから」

 

 加奈が私に話しかけてくる間も、私は気持ちよさそうな声を漏らす男女から目が離せなくなっていました。

 

(人前でこんな淫らなこと……信じられない)

 

 そう思う一方で、

 

(私が毎日辛い思いをしているのに……この人たちは欲望のままに楽しんでいる)

 

 と、羨ましく思う気持ちが……。ふっ、と隣に座っている加奈の肘が当たり、目を移すと……何と、加奈が着ている服を脱ぎ始めていたんです。

 

「か、加奈!?」

「和子も脱いじゃえば? 気持ちも解放されて色んなこと忘れられるよ」

「わ、私は……」

 

 そうこうしているうちにパンティまで脱ぎ、すっかり全裸なった加奈。

 すると、オチ〇チンを丸出しにした男性が近づいてきて、加奈に話しかけてきました。

 

「加奈ちゃん、久しぶりだねぇ。この間は遊べなかったから、今日は一緒にどう?」

「うふふ、関口さん。もう勃起してるじゃない」

 

 加奈はそう言って男性に微笑むと、オチ〇チンを握りしめ、ゆっくりとしごき始めました。

 

「関口さんって、乳首舐められながら手コキされんのが大好きなんだよ。私が乳首舐めるから、和子……オチ〇チン触ってあげてよ」

「え、そんな……」

「いいから、ほら」

 

 加奈は私の手を取って、オチ〇チンを握らせました。

 

(やだ……久しぶりの感触)

 

 すっかり加奈のペースに巻き込まれた私。握った手をスライドさせる度、徐々に大きく膨らんでくるオチ〇チンを見つめていると、頭がぼーっとし、判断力が鈍ってくるのを感じました。

 そして、いつのまにか私の後ろに回り、抱きしめるような格好で胸と下半身に手を伸ばしてきた加奈。

 

「和子、美味しそうなオチ〇チンでしょ……お口に咥えてごらん? その間、私が和子を気持ちよくしてあげるから」

 

 耳元でそう囁かれると……私は催眠術に掛かったように口を開け、ゆっくりとオチ〇チンを咥えにいったのです。

 コリっとした亀頭に舌を絡めると、オチ〇チンがビクッと跳ねました。

 

(あぁ……オチ〇チンをしゃぶるなんて……何年振りかしら)

 

 頭の中はエッチなことでいっぱいになり、生徒や保護者、学校の同僚教師のことなんて、どこかに吹き飛んでしまっていました。

 

「いいコね。ゆっくり奥まで咥えてあげて。うふ……和子のオマ〇コ、濡れ始めてるよ」

「あぁ……加奈」

 

 パンティの奥に侵入してきた加奈の指先がクリを撫でると、私は思わず声を漏らしました。そして、空を飛ぶ鳥から抜け落ちた羽のように、ゆっくりと快楽の底に堕ちていったのです……。

(取材・文/川田拓也)

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック