福岡中洲のメンズエステ『ひよこ治療院』でモーニング手コキ|俺のフーゾク放浪記・福岡編

 まだまだ寒さが残りますが、もうすぐ冬が終わります。そして春がきます。

 気持ちよく春を迎えるためにフーゾクでスッキリしましょう。

 今回は、福岡・中洲のメンズエステの魅力をご紹介します。

福岡中洲のメンズエステ『ひよこ治療院』でモーニング手コキ|俺のフーゾク放浪記・福岡編の画像1
キャナルシティ博多

南新地のフーゾクビル「楽園ビル」へ

 今日は朝から中洲へフーゾク巡りに出発。午前9時20分にホテルを出て、徒歩で中洲へ。寒い。吹き付けるビル風が頬に当たり、やたら寒く感じる。

 朝の中洲大通りをぶらりと散歩してから、那珂川沿いの広場でのんびりと寛ぎ、10時ちょうどに南新地のフーゾクビル「楽園ビル」に入る。

 目的のお店は5階の『ひよこ治療院』。中洲でも珍しい店舗型のヌキ付きアロマエステだ。料金は45分コースで8100円となっている。

福岡中洲のメンズエステ『ひよこ治療院』でモーニング手コキ|俺のフーゾク放浪記・福岡編の画像2
南新地のフーゾクビル「楽園ビル」

 10時に入店すると、1時間ほど待つ事になり、一旦キャナルシティの喫茶店『ムーミンカフェ』でモーニングを食べてから、案内時間前に店へと戻る。アンケート記入の後に迎えてくれたのは、リスのように可愛らしいビキニギャルだった。

福岡中洲のメンズエステ『ひよこ治療院』でモーニング手コキ|俺のフーゾク放浪記・福岡編の画像3
『ムーミンカフェ』のモーニング

いよいよメンズエステ『ひよこ治療院』へ

「Rです。こちらへどうぞ」

 カワイイ! 文句なしで当たりである。スラリとした身体はグラビアアイドルのようだ。

「ほしのあき、とか、深田恭子に似てるってよく言われる」

 グレーのパーカーを脱ぐと、黒地に青いバラ模様のビキニが現れ、周囲が華やかなムードに満たされる。ハワイのリゾートビーチにいるようだ。

 軽くシャワーで身体を洗い流してからマッサージ台の上にうつ伏せになると、足の裏からふくらはぎ、太股の付け根まで丁寧にオイルマッサージ。旅の歩き疲れが落ちるようで、すごく気持ちいい。

 腰から背中、肩に腕と順番に揉みほぐしてくれる。これはいい、とにかくラクチンなのだ。

オイルマッサージの最後に…

「ブラ、外してくれる?」

 仰向けになり、ブラのホックを外すとトップレス姿でローションを着けてイチモツをヌルヌルと愛撫してくれる。

 カチコチに勃起してから、ペロペロと両乳首を舐めつつ、竿を上下にしごかれて、たまらずフィニッシュしてしまった。楽し~い!

「オレンジジュース、どうぞ」

 身体を洗い流してから、ジュースを飲むとやたら旨い。心底癒されるようだ。

 スマホやIT家電の普及で世の中はどんどん便利になっていくが、やっぱり今回のエステのようなアナログが一番いい。肌と肌が触れ合う楽しさはネットでは味わえないのだ。

福岡中洲のメンズエステ『ひよこ治療院』でモーニング手コキ|俺のフーゾク放浪記・福岡編の画像4
『元祖博多めんたい重』名物のめんたい重

 店を出ると、西中洲の『元祖博多めんたい重』で名物のめんたい重を食べて一息着く。

 中洲のメンズエステは、費用対効果が抜群。ギャルの博多弁とウブな可愛らしさに夢中になったのであった。

※記事内の名称や金額などは取材時のものです。すでに変更の場合もあります。ご了承ください。

(文・写真=生駒明)

men's Pick Up