団地内不倫に燃えるフェラ好き人妻|ブッ飛び素人モデルFile

ブッ飛び素人モデルFile/エロ本ベテラン編集者の素人女交遊録

1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(49歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退までの13年はコンビニ系のアダルト誌を編集。趣味と実益を兼ね「ハメ撮り写真は極力自分で撮る」が信条だったとか。

そんな氏がエロ本編集者人生を振り返り、今思うのは「風俗嬢よりAV女優より、いろんな意味で本当にエグいのは素人女性!」だということだそうで…。川田氏が、足かけ20年でハメ撮った720人以上の女性の中から、今でも忘れられないブッ飛び素人モデルとのエピソードを蔵出しする。

 

団地内不倫に燃えるフェラ好き人妻/明日香(35歳・専業主婦)

 家族がある身でありながら、現在進行形で浮気をされてるという方、過去になら浮気経験がある方、はたまた経験はないけどチャンスがあればって方……いずれの場合も、いざ浮気相手と密会しようってときに必ず考えるのが、

(浮気相手とデートする場所は、自宅からなるべく離れた場所にしなくっちゃ)

 ってことではないでしょうか。

 家族に浮気がバレれば修羅場は必至。

 自分が独身である不倫ケースも安心はできません。不倫がバレれば相手の家族から訴えられて、慰謝料を払うハメになりますからね。

 そうならないためにも、不倫相手と会うのは万が一にも家族の目が届かない場所を選ばなきゃいけない。

 自然、不倫する者は誰しも本能的に、密会場所には自宅からなるべく離れた場所を選ぶというわけです。

 ところが……中には大胆な浮気妻がいたものでして。

 

「私ね、セフレがいるんだけど……その彼っていうのが、同じ団地の同じ階段に住んでる人なんですよ(笑)」

 

 ラブホテルでエロ本モデルのバイトをしながらこう話してくれたのは、三十路の専業主婦、明日香さん。今回の主人公であります。

 

 彼女、三十路なのにロリっぽくてカワイイ系の顔してるんです。

 なのに、面接で話を聞いていると、

 

「フェラチオは好きな方です。舐めてるだけで濡れてきちゃうんですよねぇ」

 

 なんてことを言うもんだから、

(うは! 話してるだけで興奮するね。ハメ撮りが楽しみすぎる!)

 と、こっちもフライング気味に半勃起したくらい。

 さらに彼女、ハメ撮り当日は想像を超えてくるエロさを発揮してくれて……。

(あぁ、そんなに唾液たっぷりでしゃぶられたらチ〇ポがふやけます~)

 ってくらいにフェラしてくれるわ、失礼してハメさせていただけば、

(こ、このオマ〇コは……!)

 吸い付くようチ〇ポに絡みついてくる愛液たっぷりのネットリ穴。

(あぁ、こんなエロ可愛い三十路妻をセフレにできたら、どんなに幸せか!)

 って思わずにはいられない、って感じだったんですね。

 で、聞いてみたんです。

 

「明日香さんって、相当遊んでるでしょ?」

 

 すると、返ってきたのが、

 

「私ね、セフレがいるんだけど……その彼っていうのが、同じ団地に住んでる人なんですよ(笑)」

 

 って答えだったわけなんです。

 聞けば、セフレの彼氏は、彼女より3歳年上の、フリーのウェブデザイナー。自宅で仕事をしているため、専業主婦の明日香さんが昼間に買い物に出かける際など、ちょこちょこすれ違ってはいたそうなんですね。

 

「まあ、会えば会釈する程度の顔見知りって感じだったんだけどね。ある日、私が階段で転んだ足をくじいて、痛くて歩けなくなっちゃったときに肩を貸してくれたのを機に仲良くなったんですよぉ」

 

 それ以来、頻繁にメールを交わすようになったふたりは、自然と不倫関係に発展したというのですが……。

 ここからの話しがすごかった!

 

「私んちが5階で彼んちが3階なんだけど、エッチするのはいつも彼の家。平日はもちろん、休日にもちょくちょく会ってるけど、夫に怪しまれたことは一度もないんですよねぇ(笑)」

 

 不倫相手が同じ団地の同じ階段に住む男性だってところまではいいとして……冒頭でも書いた通り、一般的に不倫の密会場所は家から離れてれば離れてるほど安パイだってのに、近すぎるにもほどがある! みなさん、そう思いません?

 さらに、明日香さんが続けます。

 

「5階から3階に降りるだけだから、服に気を使う必要がないでしょ。休日で夫が家にいても『近所の奥さんの家に行ってくる』ってサンダル履きで出かけるのね。だから夫は私が不倫相手と会っているなんて想像もしていないはず(笑)」

 

 確かにねぇ。密会場所が遠方の場合、女性はオシャレに気を使う必要がありますからね。ダンナさんに「そんな格好でどこに行くんだ?」なんて怪しまれかねませんもんね。

 その点、普段着のサンダル履きで、近くのスーパーへ買い物に出かけるような格好なら、疑われるリスクが激減するというわけですな。まさに灯台下暗し。

 

「彼が出したく(射精したく)なるとメールがくるんですよ。〝今、ダメかな?〟って。エッチするだけなら、急げば30分くらいで戻ってこられるじゃないですか(笑)。これくらいの外出なら、夫に不審に思われることもないしね。家に出入りするときだけ細心の注意を払えば、同じ団地の住人同士の不倫って、意外にバレないんですよね」

 

 30分勝負のセックスなんて、ずいぶん慌ただしい気もしますが……明日香さん、そのほうがかえって興奮するんですって。

 

「時間が短いと、その分プレイが激しくなるでしょ。玄関で押し倒されて、そのまま下着をズラして挿入されたり(笑)」

 

 聞けば、安全日に中出しされた5分後、オマ〇コに彼のザーメンを残したまま、夫の食事の用意を始めたこともあるとかないとか(笑)。

 マンション、団地、アパート住まいだって方、この機会に近場で不倫相手を物色してみては?

 とはいえ、バレる可能性はゼロではありませんから……くれぐれも自己責任でお願いしますね!

(文=川田拓也)

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック