美咲かんなエッセイ:ふしだらな気持ち「乳首の話」

セクシー女優・美咲かんなが不意のエロを語る連載エッセイ

美咲かんなエッセイ:ふしだらな気持ち「乳首の話」の画像1
美咲かんな

 新しい年を迎えてからそろそろ約1ヶ月。特別正月気分だったわけでもないのに、惰性でダラダラしていたら3週間が経っていた。時が経つのは早い。

 「年々早く感じるようになるよ」と、人生の先輩方には言われていたが、本当にその通りだ。というか、想像していたよりも早い。このままでは3年後、5年後、10年後なんてどうなってしまうのだろう。

 「時は金なり」とは上手く言ったものだ。

 人々の暮らしや平均寿命は変われども、昔から変わらない感覚もあるのだと思うと、なんだか面白い。とにもかくにも、貴重な時間を無駄にしないために何か進めなくてはと、手つかずの文庫を手に取ってみる。

 ソファの上に膝を抱えて座り、文庫のページをパラパラとめくっていたら、ちょうど乳首に擦れてそれどころではなくなった。

 

嗚呼…乳首を舐められたい。

 

 「は? 急にどうした?」と、思った皆さん、正常です。それが普通の反応です。おかしいことを言っている自覚はある。おかしいとは思うが、猛烈に乳首を舐められたいと思ってしまったのだ。

 

乳首の話

 先日仕事先でアダルトグッズの話をした際、最近は乳首に刺激を与えるグッズが人気だと聞いた。乳首いじりや乳首イキなど、AV業界で乳首が注目されているのは知っていたが、世の中でも乳首需要は高まっているらしい。

 AV女優になる前は、「おっぱいをいじってほしい」なんて考えたこともなかった。

 昔長く付き合った彼は淡泊だったこともあり、あまり丁寧に乳首で遊んでもらえず、こんなに敏感で感じる場所だと気づくことができなかったのだ。

 おっぱいには失礼で本当に申し訳ないが、何なら「男性を奮い立たせるためのお飾り」くらいにしか思っていなかった。

 この仕事を始めてからいじってもらう機会が増え、おっぱいの悦びを知ってしまい、どんどん「おっぱいを触られたい」と思うようになったのだ。今では欲求が溜まると「おっぱいをツンツンされる夢」を見てしまうほど触られたい。

 乳首をいじられるのはもちろん好きだが、おっぱい全体を揉まれたり舐められたり、しゃぶられるのも好きだ。さわさわと指先で優しく刺激されるのも、ツンツンいたずらっぽく触られるのも好きだ。とにかくおっぱいを触られるのが好きだ。

 しかし、残念なことに「乳首を飽きるまで舐めまわされたい」という夢はなかなか叶えられないのだ。

 プライベートではまず男性といい感じになること自体がないし、万が一いい雰囲気になれたとしても、乳首を延々と舐めてくれる男性などそうそういないだろう。手あたり次第探すとか、なりふり構わずどうにかしようと思えばいくらでも実現しそうだが、シチュエーションや雰囲気は重視したいという欲が出てきてしまい、「長時間乳首さえ舐めてもらえればなんでもいい」と割り切ることもできない。

 舐められたいけど、いつか出会う特別な人に舐められたい…なんて考えてしまう乙女心である。いや、舐めてくれる人がいればやっぱり即お願いしたい。即パイでいい。

美咲かんなエッセイ:ふしだらな気持ち「乳首の話」の画像2

やる気スイッチ

 仕事では多少いじってもらう機会があるものの、乳首特化の作品でもない限りは、そうそう長時間触ってもらうことはない。むしろ「もっとください!」とおかわりしたいところだが、撮影時間がいくらあっても足りないだろう。やはりプライベートで相手を探すのが賢明だろうか。

 こうして原稿を書いている間も、間違えて自分の手が乳首に当たって擦れてしまわないか、ビクビクしている。刺激したら最後、もう原稿どころではなくなってしまうのだ。やる気スイッチがこんなに目立つところにあるのも困りものである。

 と、そんなことを思っていた矢先、やってしまった。ある程度書きたいことが書けたので全体を確認して修正に入ろうとパソコンの画面を覗き込んだ途端、乳首がテーブルにふれてしまった。慌てて確認するとそこにはゆっくり起き上がるやる気スイッチの姿が…こうなってしまっては、集中できない。ミスの発見は担当編集さんに託した方がいいかもしれない。

美咲かんな

美咲かんなエッセイ:ふしだらな気持ち「乳首の話」の画像3

【美咲かんな】
生年月日:1994年7月3日
スリーサイズ:T158・B85・W58・H88(cm)
公式Twitterはコチラ

AV女優・美咲かんなが日常を綴る連載エッセイ:ふしだらな気持ち  突然だが、2020年を振り返ろうと思う。なぜ急にそんな話になったかというと、もう師走も半ば、年末年始の原稿を入稿して新しい年を迎える準備をする頃である。いや、本当ならばもうとっくに済んでいなければいけない頃である。他の仕事に気力と体力を注ぎ込んだ結果、原稿に取りかかれなかった…というのが言い訳だ。  ひとつ仕事が終わるたびに魂が抜け、ベッドとソファを行き来するのが精一杯という日もあった。「今年の締めくくりにふさわしいものを」と編集担当さんに言われていたので色々考えてみたが、そもそも語って聞かせるのにふさわしいエピソード自体がなく、大苦戦である。  「週明けに提出します!」と編集担当さんに大嘘をついてしまった自分に心の中で往復ビンタ。ついでにラリアット。もちろん心の中で。  そんな矢先、天から降ってきたテーマが「2020年を振り返る」だ。  小学生ですら真っ先に思いつきそうなほど、単純である。むしろもっと早く今年を振り返ればよかった。 2020年を振り返る  さて、今年は君たちにとってどんな年だっただろうか。清水寺で発表された今年の漢字が「密」だったように、2020年とコロナがリンクしている人も多いことだろう。生活様式にも変化をもたらし、令和2年は昨年にも増して新しい時代という印象だ。  人混みや人と集まる機会は元々避けるタイプだったので、個人的に影響を受けて困ったということは少なかったが、緊急事態宣言時にスーパーに行く回数を制限されたりトイレットペーパーが買えなかったりしたときは多少不便さを感じた。  感染症の拡大も手伝ってか、2020年は1度も飲み会というものに参加する機会がなかった。実は全く誘われなかったわけではないが、スケジュールとの兼ね合いが難しく、お断りさせていただいた。つまり、今年は酒を飲んでいないのだ。  我が家に飲酒の習慣はなく、日々の晩酌や飲みに出かけるということはないが、ごく稀に家族が「ほろよい」を買い、それを一口もらうということがある。酒を飲んでいないというと少し語弊があるというか、正確にいえば飲んでいるのだけど、これはもう飲んでいないということにしたい。それ以外にアルコールを摂取する機会がないのは事実である。  極力飲酒は控えた方がいいと思っているので、これまでも年に数回誘われれば飲む程度だった。飲み慣れていないこともあり自分のちょうどいい量がわからず、周りに合わせて失敗してしまったことも過去には何度か…。  以前飲みすぎてしまい気付いたらなぜか高尾山にいたことがあるのだが、それをSNSに書いたところ未だにフォロワーにいじられるので、もう二度と失敗談は書くまいと心に誓った。ちなみに高尾山に関しては、飲んでいた場所からも近くはないし自宅ともかけ離れていたので、本当に謎である。  外に出て遊ぶ機会も減った分、生活を大事にできた1年になったと思う。家族と過ごす時間が増えたし、食事や睡眠を確保しやすくなったので体調管理の強化もできた。それでも季節の変わり目には具合が悪くなるし、仕事の前後は常に屍状態となったが。  2021年もこの調子で、自分の生活や仕事と向き合っていきたい。ありがたいことにこのエッセイを始めることができたので、発信する機会が増え、ようやく居場所ができたような心地だ。もっとエッチで面白い文章が書けるといいのだが、それは年明けからの課題にしよう。まだ発想が小学生の域を出ないので、せめて中学生くらいのセンスまで成長したいところである。  エッセイを読んでくれている君たち。いつもありがとう。写真がちょっと見たいだけの君たち。ありがとう。間違えてURLをクリックしてしまっただけの君たち。ありがとう。そんな君たちの来年も笑いに溢れ、健康で穏やかな1年になればいいなと、心から願っている。  今年もお世話になりました。私はこの後年始の原稿を頑張ります。それでは、皆さん、よいお年を! 美咲かんな 【美咲かんな】 生年月日:1994年7月3日 スリーサイズ:T158・B85・W58・H88(cm) 公式Twitterはコチラ

癒し系美女・美咲かんながAV女優の日常を綴る連載エッセイ:ふしだらな気持ち ある日の話  11月某日、都内某所。私はエッセイの締め切りに追われ、とあるカフェで執筆活動に勤しんでいた。いや、実際は締め切りについて口うるさく言われているわけではないので、追われてはいないのかもしれない。  本来もっとハイペースで書きたいし書くべきだと思うのだが、編集担当さんも忙しいからそんなにハイペースでも困るだろうとか、パソコンを開くのが面倒くさいとか、どうせ本業じゃないしとか、卑屈なことをうだうだ言い、現実から目を背けている。本当に何をやっても駄目なやつなのだ。作業スペースを自宅に設ければ捗りそうな気もするが、すぐには実現しそうにない。  そんなモヤモヤした日常の気分転換に、よくカフェを利用する。そのときの気分でロケーションを変え、ノートに文章を書いたり読書をしたりして過ごすことが多いのだが、この日も天気が良く、自然光の入る窓際で考え事をするにはベストだった。  そのカフェはノマドワーカーが集う…というほど混んではいなかったが、コンセントを利用できる席もあり、作業をしている客もそれなりにいた。コーヒーを飲みながら愛用のペン(三菱鉛筆JETSTREAM多機能ペン0.7ミリ)で30分ほどノートに文章を書きなぐっていると、突然後ろから「すみません」と、声をかけられた。  ドキッとして振り向くと、そこには洗練された雰囲気のお洒落で可愛らしい女性が立っていた。自分の席にはコンセントがなく、iPadを充電させてほしいという話だったが、私はコンセントを使用しないため快諾した。後々「他の人に頼んでもよかったのでは?」と思ったが、まあ問題はない。  それから10分くらい経った頃、今度は知らない男の人が話しかけてきた。   「すみません。仕事中ですか? あ、勉強中? 綺麗だから、少し話せません?」    え?  思考が停止した。カフェの店内でこんな不毛な声のかけられ方をすることがあり得たのか。予想外すぎて頭の中が真っ白になる。  「話なんてするわけねぇだろ!」と心の中で思うけれど、言葉が出ない。男は食い下がってきたが、首を振り続けていたら諦めて去っていった。結局スカウトだったのかナンパだったのかよくわからなかったが、1ミリでも可能性があると思われたかもしれないのは悔しい。  そもそもカフェの店内で声掛けをするなんてマナー違反ではないか。あちらもコーヒーを飲んでいるならまだしも、見る限り店を利用している様子はなかったので、それも腹立たしい。通り抜けできるような店舗でもない。店内をご利用でない方の出入りはご遠慮ください。お店の人が例えOKだとしても、私はご遠慮願いたい。  何というか…そんなに話しかけやすい雰囲気だっただろうか。人と話したくないから窓際のコンクリートの壁に向かって独り作業をしているというのに。背中を丸めて文章を書きなぐっているというのに。息抜きに壁の汚れを眺めているというのに。話しかけたい要素がどこにあったのだろう。  不慣れな出来事に怖くなってしまい、最終的には「いらっしゃいませ」という男性店員の声にまでビビってしまい、ビクッとしたら隣の席の人に変な目で見られてしまった。   「違うんです…ローター仕込んで遠隔操作されているわけじゃないんです! 店員さんの声に驚いただけなんです!」    そんな言い訳できるはずもなく、しばらく不審な目でチラチラと見られる羽目になった。  元々人と接することが得意ではないのだが、この仕事を始めてからはそれが強くなった気がする。新しく人と知り合うのは特に気が重く、仕事のことを説明するのが結構面倒くさい。そっとしておいてもらえればまだいいが、中には冷やかしたいだけの人もいるからだ。  できるだけ軽々しく絡んでくる人との接触は避けたい。ナンパやスカウトなんてのはもってのほかである。そういう出会いを不毛な出来事と捉えずに人と知り合えるチャンスだと思えるような人間だったら、もっと人生違っていたのだろうか。知り合いが増え、もしかすると恋人なんかもいただろうか…なんて少し考えることもあるけれど、やはり性に合わなさそうだ。  いや、何を偉そうに語っているのだ。しかも人付き合いができないのを仕事のせいにしてしまうというこの体たらく…恋人どころか異性の友達だってほぼいないじゃないか。すぐスケベな目線で異性を見てしまい(実は同性でもエロい目で見てしまうが)、意識しすぎるところが駄目なのだよ。異性とのかかわりほぼゼロなのに、エロい夢ばかり見ている場合じゃないのだよ。自分に問題があるということに気づきなさい。私。  よし、明日からは笑顔で、人を受け入れていこう。ナンパだかスカウトだかに腹を立てる暇があったら、エッセイの原稿を少しでも進めますので神様、恋人は要らないのでどうかエロい夢の頻度をもう少しだけ頻繁にしてください! 美咲かんな 【美咲かんな】 生年月日:1994年7月3日 スリーサイズ:T158・B85・W58・H88(cm) 公式Twitterはコチラ

 6月某日、私は第3回目のエッセイの内容をどうするか悩んでいた。連載が始まってひと月も経たないというのに、既にスランプ気味である。どうにか絞り出した文章を打っては消し打っては消し、思い悩んでいると突然テレビから「うどんは青春の味」という力強い言葉が聞こえてきた。

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック