京都の老舗ヘルス『プルプルハウス』で京娘の上品なご奉仕に悶絶【俺のフーゾク放浪記・京都編】

 冷たい風が吹く季節です。寒い夜は部屋の中で温まるのが一番です。美女との触れ合いがあれば、心まで温まります。さぁ、フーゾクの出番です。今回は、京都・木屋町のヘルスの魅力をご紹介します。

京都・木屋町へ

京都の老舗ヘルス『プルプルハウス』で京娘の上品なご奉仕に悶絶【俺のフーゾク放浪記・京都編】の画像1
京都駅

 今日は早朝から京都のカリスマヘルスへ取材に出発。朝6時45分に祇園のホテルを出て、先ずは三条烏丸にある老舗喫茶『イノダコーヒ本店』へ。

 昭和15年創業の名店で名物モーニングの「京の朝食」を頂く。高級ホテルのような広々としたスマートな空間で味わう珈琲とクロワッサン、サラダは格別の味である。しっかりと食事を取ってから、フーゾク街の河原町へと進む。

 

京都の老舗ヘルス『プルプルハウス』で京娘の上品なご奉仕に悶絶【俺のフーゾク放浪記・京都編】の画像2
『イノダコーヒ本店』
京都の老舗ヘルス『プルプルハウス』で京娘の上品なご奉仕に悶絶【俺のフーゾク放浪記・京都編】の画像3
『イノダコーヒ本店』名物モーニング「京の朝食」

 

老舗ヘルス『プルプルハウス』へ

 目的のお店はヘルス『プルプルハウス』。京都の老舗ヘルスグループの旗艦店である。プルプルグループは京都のヘルス3軒をはじめ、雄琴にソープを3軒、さらに札幌にヘルスを3軒を出店し、その他にもデリヘルが京都に3軒、札幌に2軒、エステが京都に2軒、札幌に1軒と、全国で計17店もの風俗店を展開している。風俗情報誌のミスフードルコンテストにも看板娘がエントリーするなど、京都ではカリスマ的な人気を誇る名グループなのだ。

京都の老舗ヘルス『プルプルハウス』で京娘の上品なご奉仕に悶絶【俺のフーゾク放浪記・京都編】の画像4
京都フーゾク街

 ヘルス『プルプルハウス』は早朝は割安となり、通常30分1万1500円が1万円に、40分1万5000円が1万3000円とお得に遊ぶ事ができる。前日の夕方に予約したとおり、朝9時にお店へ。受付で40分コースの料金を払う。待合室には女のコのパネル写真がズラリ。指名ランキングこそないものの、新人紹介や学生紹介がされているうえ、テレビのモニターには在籍嬢のイメージムービーが流れている。

京都の老舗ヘルス『プルプルハウス』で京娘の上品なご奉仕に悶絶【俺のフーゾク放浪記・京都編】の画像5
ヘルス『プルプルハウス』

 時間通りにご案内となり、ボーイに連れられ部屋の入口に。ドアを開けて現れたのは、黒髪ロングヘアーの純和風京都娘だった。

 

「今日、寒いやろ。温まってな」(Kちゃん)

 

 20代半ばの巨乳ギャルである。生まれも育ちも京都という生粋の京娘で、長い髪を後ろで束ねた様はまるで巫女のようだ。

 

全身リップからの仁王立ちフェラ

「うち、入店3ヶ月くらい。このお店、京都で一番古いんだって」(Kちゃん)

 

 軽く世間話を交わしながら服を脱ぎ、シャワーで身体を洗い流す。優しくて品のある京都弁が可愛らしい。Eカップはあろう豊満なバストを揉みしだくと、

 

「そんな、あかんて。めちゃ気持ちいいわ」

 

 とKちゃん。イントネーションが独特な京言葉に耳をくすぐられながら、ベッドに横たわると、全身リップからフェラ、そしてパイズリときて、仁王立ちフェラへ。

 神社の巫女さんとプレイしているようで、めちゃ興奮する。いけない神官、聖職者になった気分である。しっとりとした和風プレイを十分に堪能してから、ラストは正常位スマタに移り、お腹の上に大発射。こりゃたまらん。至極満足だ。

 

「前はデリヘルしてたけど、こっちのがいい。お店の中って、なんか、安心なの」

 

 お客は比較的地元の人が多いという。

 

「今日は夕方からおばあちゃんと一緒に南座へ行くの。歌舞伎を観るの初めて(笑)」

 

 ベッドで休みながら会話を楽しみ店を出る。

 近くの喫茶『タナカコーヒー』で珈琲を飲み一息つき、京料理『祥風楼』で名物の桜御膳を食べて取材を終える。京都の老舗ヘルスは、予想よりもオーソドックスな、正統派のヘルスであった。

京都の老舗ヘルス『プルプルハウス』で京娘の上品なご奉仕に悶絶【俺のフーゾク放浪記・京都編】の画像6
『祥風楼』
京都の老舗ヘルス『プルプルハウス』で京娘の上品なご奉仕に悶絶【俺のフーゾク放浪記・京都編】の画像7
『祥風楼』の桜御膳

※記事内の名称や金額などは取材時のものです。すでに変更の場合もあります。ご了承ください。

(文・写真=生駒明)

men's Pick Up

風俗関連トピック