【勃活グルメ】精のつく成分筆頭! 海からの旬な贈り物

医食同源。食こそ生命の源なり――。ということで、精力みなぎるグルメをご紹介いたします。近頃何だか元気ないんだよな~なんて漏らしている貴方、お試しあれ!

【勃活グルメ】精のつく成分筆頭! 海からの旬な贈り物の画像1

海の宝石がぎゅっしり詰まった大きなフライ

 秋というのは切なくて物悲しく、そして1年でもっとも変化のめまぐるしい季節である。9月の残暑から始まり、お彼岸を過ぎるととたんに風が冷たくなり、10月に入る頃には熱燗が恋しくなる…。

 秋はまた、食欲の季節でもあり、1年かけて育てたものを、収穫して食う季節。勃活グルメもまた、収穫の時期が来ている。

 「精のつく食材」でググると、トップヒットするのが「カキ」だ。マガキはまさに、収穫の時季。秋は、穫って食って勃起する季節なのだ。

 日本橋某所に、とっておきのカキ料理が食べられる料理屋がある。といっても、カキの時季以外はとんかつの名店でもあるが、その店が今年も10月1日から名物のカキ料理を開始した。

 人形町の裏路地には様々な飲食店が並んでいて、散歩してもそうそう飽きないくらい。親子丼の名店から、名前こそ知られていないが、気軽に入れそうなビストロまで。そんな路地裏にその店はある。

【勃活グルメ】精のつく成分筆頭! 海からの旬な贈り物の画像2

 例年なら、11時の開店の30分前には長蛇の列ができているその店も、今年はこの程度。ご時世なので、嬉しいのか嬉しくないのか複雑な心境だが、店を目の前にして確実にハラはへり、「キュルキュル」と今にもヘタクソな独奏を奏でそうな勢いだ。

 ハラのラッパ吹きをなだめつつ並んでいると、女性店員さんが注文を取りに来る。前から一人づつ、「2コで、普通盛り」、「3コで大盛り…」などと言っているのは、メイン料理の数とご飯の量。料理を数でしか注文しないのは、この時季、この店のランチメニューはひとつだけ。数はその個数ということだ。

 待つこと15分、いよいよ順番が来て店に入り、カウンター席に通される。隣の席とは半透明のプラ板で仕切られているのはやはりご時世。注文はさっきしたので、あとは待つばかりなのだが、この黄色いフダはいったい…?

【勃活グルメ】精のつく成分筆頭! 海からの旬な贈り物の画像3

 数によって色が違うのかと思ったが、前のおばちゃんの注文は確か2つでオレは3つ。なのにフダはどちらも黄色…。共通点はご飯の量か?

 おっと、そんなことどうでもいい。早く、はやく、食わせろオレの昼メシ。

 左隣から順々に定食の乗ったおぼんが運ばれてくる。チラ見えしたおばちゃんの皿に乗っていたのは、確かに2つだった。

 

「お待ちどう様でした~」

 

 待ったよ、待ったよ、待ちましたよ、朝メシ抜いて来たんだ。カウンターの向こう側から出て来たおぼんを受け取り、自分の目の前に置くとそこには、注文どおり、3つのあいつが。

【勃活グルメ】精のつく成分筆頭! 海からの旬な贈り物の画像4

 コレココレ。女性のにぎりこぶしくらいありそうな大きな俵型のフライは、メンチカツでもカニクリームコロッケでもない。実りの秋と同じ黄金色に揚がったやつ、それは、カキフライだ!

【勃活グルメ】精のつく成分筆頭! 海からの旬な贈り物の画像5

「なんだ、ただのカキフライ…?」

 

 そのとおりカキフライだ。しかしなぜ、みな並んででも食べたいのか? それは、これが「ただのカキフライ」じゃないからだ。

 ただのカキフライは、衣をたっぷり纏わせた揚げ底ものでも、大きさはせいぜいこの半分くらい。でも、イワガキならまだしも、マガキでこの大きさって…?

 この大きなカキフライの秘密、それは、5、6粒のマガキをまとめて揚げているのだ!

 なんとコペルニクス的発想! そのひとつを箸で割ってみると…。

【勃活グルメ】精のつく成分筆頭! 海からの旬な贈り物の画像6

 カキがぎゅっしり寄せ集まり、衣で密閉され、隣り合わせに並んでいる…。完全に三密だが、美味しいものは、三密の方がダンゼンうれしい。

 半分にしてちょうど良い大きさ。いや、それでもちと大きいか。箸でつまみ、最初の一口なのに、無理やり押し込んだ。

 

ウホホ、あっつあつ!

 

 ハホハホしながら歯を立てると、サクッとした衣の食感のあと、トロトロのカキの塊が崩壊して舌の上になだれ落ちてくる。さらに、海の香りが口いっぱいに広がった瞬間、一気に鼻から抜けて行く。

 抜けていかないのは、カキの芳醇でメタリックな味。「う~ん、金属系食べてるな~」という、満足感に似た明日朝の朝勃ちの予感でニヤリ。

 ふたくち目は余裕を持って、今度はからしをつけて。2つ目には添えてあるレモンを絞り、ふたつには割らず、そのまま箸でつまんで持ち上げた。

【勃活グルメ】精のつく成分筆頭! 海からの旬な贈り物の画像7

「でかくて重い」

 

 その重い中身は普通の5、6倍のカキなのだ。

 メインのカキばかりに気を取られ、つい、ご飯や副菜が後回しになってしまうほど。それほどこのカキフライには魅了さてしまう。

 主菜が美味ければ、副菜がまずかろうはずはない。芳醇が詰まったカキフライを頬張ったあとは、千切りキャベツにソースをひと垂らし。さらに白メシと豚汁で口の中は、今までの興奮など何もなかったようにリセットされる。

 そこに4度、黄金色の大きなやつを頬張ると、濃厚でジューシーなカキが押し寄せてくる。

 たまらんたまらん、3つにして正解。もう1個残っている。これは再びからしをつけて思い切りかぶりついた。大正解だ。

 うまいカキフライのおかげで、やっぱり白メシが最後に残ってしまったが、それも、舌と記憶に残ったカキの風味で一気に平らげた。大正解にして大満足。そして明日が楽しみじゃ…(笑)。

 

【カキフライの主要勃活成分】

・カキ
精子の生産うながす亜鉛を筆頭に、エネルギー源となるグリコーゲンや、鉄や銅などの必須ミネラルが多い。また、疲労回復やスタミナ増強に効くタウリンも豊富。亜鉛はビタミンCと一緒に摂取すると吸収が高まるので、レモン汁をかけて食べるとさらに勃活効果あり。

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック