瀬戸大也、白昼不倫の代償…あの企業に不買の声まで

 世間の金メダルへの期待が薄れてしまったかもしれない。

 9月24日発売の「週刊新潮」が、16年のリオ五輪で銅メダルを獲得し、昨年の世界選手権では男子個人メドレーで2冠を達成した日本競泳界のエース・瀬戸大也の不倫現場をスクープした。

 瀬戸は17年に元飛込選手の馬淵優佳さんと結婚。アスリートフードマイスターの資格を取得した妻は、夫を献身的に支える良妻賢母として知られる。当然ながらふたりの好感度も抜群で、大手食品メーカー『味の素』のテレビCMでは、毎日の食事を通じて夫をサポートする優佳さんの姿が流れていた。

 

「今回の記事ではコンビニで待ち合わせた女性と白昼、『休憩4600円』の古びたラブホテルに向かい、女性と1時間半過ごしたのち、娘たちの保育園のお迎えに向かった瀬戸の姿をスクープ。待ち合わせの仕方や切り替えの早さからして、その日初めて会ったわけではなく、もう何度か続いている関係のように思われます」(スポーツ紙記者)

 

 不倫相手のカラダをまさぐった手で我が子の頭を撫でていたのか――。そんな瀬戸の姿を想像した女性たちからは猛烈なバッシングが上がっている。矛先は件の企業にも…。

 

「女性が集まるネット掲示板では『もう味の素買わない』の大合唱となっています。中には『“ほんだし”が“中出し”に聞こえて気持ち悪くなった』 という人も…。さわやかなイメージで、愛妻家や夫婦仲の良さをアピールすることによってスポンサー企業から多額の金銭を得ていたのですから、批判を受けるのは当然でしょう。すでに同社のHPからはCM動画が削除されましたので、多額の違約金を要求されても仕方ありません。しかも、不倫で新型コロナに感染するリスクをまったく気にしていないあたり、東京五輪への緊張感も失っているように感じます」(芸能記者)

 

 かつて瀬戸は自身のTwitterで「自分の可能性」というコメントと共にレース直後にガッツポーズを決めている画像をアップしたが、この投稿にも味の素の栄養補給飲料「アミノバイタル」のタグがついている。いったい何の栄養を補給していたのか、そして彼の可能性はどうなるのか…。東京五輪への期待の声もいまもあるだけに今後の行方が気になるところだ。

men's Pick Up

ニュース関連トピック