川上奈々美、浅草ロック座に降臨! AVに映画にストリップ…夢と野望の決意表明【直撃インタビュー】

川上奈々美、浅草ロック座に降臨! AVに映画にストリップ…夢と野望の決意表明【直撃インタビュー】の画像1
川上奈々美

川上奈々美、ロック座降臨

 人気AV女優、ストリッパー、役者として八面六臂のすさまじい活躍をみせる川上奈々美ちゃんが今年、6回目の浅草ロック座登壇を果たし、連日、多くの観客を魅了している。

 現在、浅草ロック座のステージ『PEACE LOVE ROCK VOL.3』(9月1日~20日)に出演し、1日4公演、計80ステージを行っているのだ。

 今回はそのストリップへの情熱はもちろんのこと、マスク1万枚を豪雨被害に見舞われた熊本県に寄付した話、そして最大の関心事である一般映画への本格的な進出話をステージの合間、疲れているにもかかわらず熱心に楽屋で語ってくれた。

 最後には彼女が秘めたある決意も表明、今後の活動からますます目が離せない存在となった。

 

楽屋直撃インタビュー

川上奈々美、浅草ロック座に降臨! AVに映画にストリップ…夢と野望の決意表明【直撃インタビュー】の画像2

 

――今年の公演タイトルは『PEACE LOVE ROCK』ですが、全体を通したテーマは「ロック」ですか?

川上奈々美(以下、川上):そうです。ロックです。昔、『PEACE LOVE』公演があったみたいですけどなくなったので、今回、新しい試みで“ファースト”、“セカンド”、“サード”という形でやっているんです。私は“サード”なので最終章の公演なんです。みんなで繋いでいくのもテーマなんです。

 いままではファーストとセカンドしかなくて、「どちらが面白いか?」くらいの対決だったんです。でも、今回はファーストがまゆ(南まゆ)、セカンドがかみしお(神咲詩織)、サードが私でバトンを繋いでいき流れを感じさせたいんです。

 コロナの自粛期間があり、みんな会えなくなって人の繋がりが恋しくなり、繋がりを大事にしたい思いを伝えたいから、私の提案で今回の公演が始まったんです。

 前から9月にステージに立つことは決まっていたんです。本当はかみしおとの特別公演のはずだったんですけど、それは来年にしたんです。まゆが浅草ロック座でずっとトリを務めていたんですが、私やかみしおと特別公演を一緒にやったことがないから、今回、初めてサードという形でやろうとなりました。

 私たちが出ると振り付けが独特なんです。毎年、新しいものに挑戦させられているので、その女の子のスキルに合わせて挑戦させる課題を毎年、毎年、私はもらっているんです。もう、話すことがありすぎるんです。何から話しましょうか。今回は思い入れがありすぎるんです(笑)。

――自分で提案したアイデアもあるんですか?

川上:まずはロック座の社長から「まゆも一緒に混ぜてもらっていいか」って言ってもらったので、せっかくだからバトンを繋いでいこうって私が提案しました。5景の私がバーレスクの格好で踊るんです。カーテンの両端にまゆとかみしおの姿を映すことを提案したり、まゆとかみしおの魂を色に例えて、それを光で表現し踊りで使ったらどうですかと提案したりしました。

 今回、ベッド(ストリップの一番の見せ場)を初めて自分で振り付けすることになったんです。6年目にして初めて自分で振り付けをするなんて、すごく甘やかされた踊り子なんですけど、回る前盆(移動する丸い舞台)に入る前に一度、二人の魂を飲み込んでから入ろうっていう振り付けを考えたんです。

 いままでのベッドはベッドじゃなかったんだなって気が付きました。ベッドは職人技なんだなって思いました。全員で踊るダンスがそれほど得意じゃなくても、踊り子さんであれば前盆に立った瞬間、スイッチが入る踊り子さんがめちゃめちゃいるんです。これは長い経験を重ねないとできないものなんだなって思い、今年はちょっとでもその域に近づけたらなと思って、4景の中トリの沙羅姐さんと矢沢ようこ姐さんのベッドを勉強したんです。壮大で包容力のあるベッドにしたいとイメージして、自分で振り付けを作ってみたんです。すさまじく大変でした。

 ベッドは普通のダンスと全然、違うんです。使う筋肉も違うし、ゆっくりと動いているか動いていないかくらいじゃないとキレイに見えないんです。それをやるのはしんどいんです。めちゃめちゃゆっくりな動きがしんどくて、意外と地味なポーズをやっていても筋肉がプルプルなるんです(笑)。やっと踊り子のベッドに近づいたかなって思っています。

 ロック座の会長が今年亡くなって、6景の最後に会長の写真が投影されるんです。実は会長が私の5景のバーレスク姿をずっとロック座でやりたかった思いがあるらしくて、「じゃあ、やりましょうよ」って言って実現したんです。初日直前には舞台、ドラマや映画で共演した階戸瑠李さんが亡くなり、いろんな思いをのせてやりました。

川上奈々美、浅草ロック座に降臨! AVに映画にストリップ…夢と野望の決意表明【直撃インタビュー】の画像3

川上奈々美、浅草ロック座に降臨! AVに映画にストリップ…夢と野望の決意表明【直撃インタビュー】の画像4

川上奈々美、浅草ロック座に降臨! AVに映画にストリップ…夢と野望の決意表明【直撃インタビュー】の画像5

 

――去年、取材したとき浅草にくると気持ちがピンッとなるって言っていましたが、それは6年経ってもピンッとなりますか?

川上:なります。なります。「違う人にならなきゃ、ちゃんとした人にならなきゃ」って思います。それは永遠と続くし、続かせないといけないと思っています。

 ロック座もいい意味でも悪い意味でも変わってきているんです。私がロック座デビューしたあとに上原亜衣ちゃんがデビューして、特別ゲスト公演が続いて、踊り子ではない特別な演者さんが出てきたから、しきたりがちょっと乱れてきているんです。

 社長は「もういいだろ」って言うんですけど、社長が「いいだろ」って言ったらダメなんですよっていう話で、礼儀や敬意があってこその芸事だと思うので、そこだけは本当に守っていかないといけないと思います。踊り子社会はすごく難しんですけど、それでいいんだと思います。

 でも、誰一人として見捨てない社会なんです。沙羅姐さんはどんなに大変な女の子が来ても何とかしてあげようってなるので、その気持ちはすごいです。

 私は今回、いつもよりも俯瞰から見ている感じがします。今回の公演は本当にみんなで作ったと思っていて、裏方のスタッフさんを含めてチームワークがすごくいいんです。

――俯瞰で見られるのは視野が広くなったんでしょうか?

川上:余裕がでてきたんですかね。いい意味での余裕だと思います。去年あたりから私の感覚がまるっと変わったんです。「あの人はこんなに頑張っていたんだ」、「あの人はこんなに裏でいろいろやっていたんだ」とか俯瞰で見られるようになりました。

 今回、衣装を作ってくれた女性もすごく細工をしてくれるんです。ゲネプロでブーツが脱げなかったり、いろいろとアクシデントがあるんですが、そういうときに「大丈夫です。明日まで全部チャックにして脱ぎやすくしておきますから」って言ってくれて、すごく大変なのに、次の日には「できました。きっと脱ぎやすいです」って気にしてくれるんです。

 ダンサーさんともいままで話をしたことがなかったんですけど、ダンサーさんのルリさんという方と一緒にベッドを考えたんです。毎年、私のダンスのブラッシュアップを一緒にやってくれるんです。

 ダンスもいままで体を酷使するひどいダンスをしていたと思いました。力が入って緊張感丸出しでガチガチでやっていたので、伸びたり抜いたりすることを心がけています。感覚的な話ばかりしていますね(笑)。

――大丈夫です。

川上:今回、1日4公演しかないので、全部、飛ばせるだろうと思っていたんですけどキツいです(笑)。

――公演数が少ないから逆に集中しているんですか?

川上:飛ばしすぎかもしれないです。あはは(笑)。スッポン赤マムシエキスを飲まないとできないかな(笑)。でも、それを毎日、飲んでいたら逆に体が壊れちゃうか。だから、ペースを考えています。体力は毎日、公演をやりながらつけるしかないです。自粛期間もあったので歌えないノドになったんです。歌っていないとダメですね。

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック